先立つ物はカネ2009/09/05 21:39

みなさん、こんばんは。
前回ブログを更新したとき、せめて半月に一度は更新しよう!と思ったのですが
なんとかその目標はクリアしたぞ!

このかん、政権交代を実現させた選挙がありました。
選挙期間中、朝日新聞では
「09政権選択:安全社会のお値段は?」というタイトルで
生活のさまざまな問題を取り上げ
それを解消するのに必要な値段を示していました。

いろいろ興味深い話がありましたが、たとえばこんな(’09.08.24朝日新聞朝刊より)。

■ 困っています
6月、夫が脳出血で倒れた。最初の病院は専門医が不在で、数十キロ離れた病院へ転送された。着いたのは倒れてから3時間後。夫は助からなかった。近くに専門医がいてくれたら。

医師を増やすために医学部定員を1.5倍にするには
国民1人あたり年に1881円の負担が必要だそうです。

ほんと、先立つ物はカネ。
何をするにも、お金が必要になります。

というわけで、これからしばらくお金の話を取り上げようと思います。
資金調達と寄付について。

これ、ずいぶん前から気になっていたトピックなんですが
きっかけは、昨年末に朝日新聞に掲載された記事
「乳がんとたたかう ――日米のピンクリボン運動」です。
上下2回にわたり、アメリカと日本のピンクリボン運動について詳しく取り上げていて
このブログでも、今年3月7日に書いた「あれから1年」でご紹介しました。
アサヒコムではすでに削除されていますが、「魚拓」がありますので
まだお読みでない方はリンク先をご覧ください。
上:アメリカ編は◆こちら◆
下:日本編は◆こちら◆

ここにはさまざまな驚くべき数字が紹介されていました。
たとえば、アメリカの「スーザン・G・コーメン」の年間予算が約200億円であること。
「世界最大の乳がん啓発団体」として紹介されていますが
それにしてもすごい額です。

日本対がん協会の2007年度事業活動予算は約7億円
ほほえみ基金の2008年度活動支出は約6400万円です(いずれも協会HPより)。
乳房健康研究会の2007年度の予算規模は約7000万円(上記記事中より)。

参考までに、アメリカの総人口は3億人、日本は1億3千万人弱。

う~~ん。この差はいったい……?


また、少し前に「元気に見えても辛いカラダがあります」
HOPEプロジェクトの桜井さんが書かれたレポートをご紹介しました。
今年の5月、「NBCC:全米乳がん連合」の姉妹団体のカンファレンスに
参加なさった時のレポート「米国でアドボカシー・トレーニングを体験」で
全6回にわたってがんナビに連載されました。
カンファレンスでは、最後にチームに分かれて
議員へのロビー活動を行ったそうですが
その政策目標は次のような内容だったそうです(元記事は◆こちら◆)。

・目標1:すべての人に対する良質な医療の保障
・目標2:国防総省予算から、乳がん研究プログラムに1億5000万ドル(約150億円)の供出
これには口があんぐり。2009年度の日本のがん対策予算は厚生労働省関連で約237億円。文部科学省関連、経済産業省関連を含めた3省合計で 523.5億円だ。(厚生労働省・第9回がん対策推進協議会資料より)。乳がんの研究プログラムだけに150億円という目標に、腰が抜けそうでした。

金額にも、それだけの額を要求していこうという組織力にも、びっくりです。

アメリカには「寄付文化」が根付いているから、という話はよく耳にしますが
寄付文化が根付いているとは、どういうことなのか?
日本と何が違うのか?
そういったことについて何回かにわたって考えてみたいと思います。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

半月に一度というゆる~~い目標でお恥ずかしい限りですが
なんとか目標を達成できた自分へのほうびに
ブログランキングへのリンクを貼らせてもらおうっと♪
(署名期間中は、ちょっとしたミスに気づかず貼れなかったの、グッスン)
ポチっとよろしくです。

ブログランキング

乳がんセミナー2つ2008/11/04 14:44

みなさん、こんにちは。
妙にあったかい秋だなぁと思っていたら、ぐぐっと冷え込んできましたね。

11月1日2日の週末、東京で開かれた乳がん関係のセミナー2つに行ってきました。
署名活動も一段落したことですし
こういうよもやま話的な話題をご紹介するのもいいかと思い、ご報告。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
1つは、NPO法人キャンサーネットジャパン(略してCNJ)主催のセミナー、
「もっと、知ってほしい乳がんのこと」です。

興味深い情報満載、しかも分かりやすい説明でとても良かったです。

CNJはなんと、開催したセミナーの内容(ビデオ&スライド)を
ホームページで公開する、
「がん情報ビデオライブラリー」ってサービスを始めています。
すごいですねー。太っ腹ですねー。
地方の患者にとっては、すごくありがたいサービスだと思います。
今回のセミナーのページが◆こちら◆

この中で、個人的にオススメなのが、向井ドクター(がんセンター東病院)のお話2つ。
「乳がん再発後の治療-再発後の薬物療法」 ってのと
「乳がん治療最近の進歩」 ってのです。

各種新薬の話や、今行われている臨床試験の話、
「リスク的に抗がん剤をやったほうがいいかどうか、ビミョー」という人を対象に
がん細胞の遺伝子を解析するサービス(ただし40~50万円かかる)が
始まっている話などを、分かりやすく説明してくださっています。


もひとつ、興味ある方にぜひぜひ見ていただきたいのが
冒頭の柳澤事務局長さんの「セミナー開催挨拶」。

「十月のピンクリボン月間でなく、十一月にセミナーを開催する理由」について
話しておいでです。
啓発活動の大切さは認めながらも、早期発見が進めば患者は増える、
CNJは、病気が見つかった人をサポートする組織でありたいと。


またCNJは、2007年度分から、「貸借対照表」と「損益計算書」を含む活動報告
PDFでアップしています。
これ、画期的です。
多分、がん関係のNPO法人では初めてのことです。

あ、いや、1つありました。
署名活動が終わりかけたころ、気づいたんですが
「Run for the Cure」という、アメリカ人の女性が日本で立ち上げたNPO法人が
サイト上で会計報告を出していたんです(◆こちら◆)。
アメリカの方だから、これぐらい当たり前と公開なさったのかなぁと思ったり。

財団法人である日本対がん協会も、サイト上で財務情報を公表していますが
「乳がんをなくす ほほえみ基金」については
現在まだ昨年度の情報しか明らかになっていません。

CNJの情報公開は、
日本のがん関係のNPO法人のトップを行く快挙(大げさ?)だと思います。
会費や寄付収入で活動する団体が、もっともっとこれに続いてくれますように。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
土曜日と日曜日の午前中は
NPO法人日本乳がん情報ネットワーク
(略称JCCNB。代表理事は田原総一朗氏と中村清吾医師)が主催した、
「乳がん診療ガイドライン総括」というセミナーを傍聴してきました。
アメリカに治療のためのガイドラインを作ってるNCCN(全国総合がんネットワーク)
という団体があるんですが
そこのドクターたちを招いて、日本のドクターたちと意見交換するというもの。

「たとえば、こういう症例があったとして、アメリカではどういう治療をほどこしますか?」
みたいなやりとりを軸に、ここでも、新薬や、遺伝子解析の話が出てました。
日進月歩で医療が進むなか
ドクターたちも迷いながら、分からないことをいっぱい抱えながら
治療にあたっているんだなーと分かって、興味深かったです。


どちらのセミナーも、
まあ、これまであまりこういうのに参加したことがなく
物珍しかったのもあるかもしれませんが
なかなか刺激的でした。

CNJのセミナーの夜の部では、山田邦子さんを招いてのトークショーも。
頑張りすぎずに、へたれ気分の時はへたれてりゃいいから
明るく行こうよ!というメッセージが、素直に嬉しかったです。

そんなこんなで、いろんな方々からいろんな刺激・元気をもらった週末でした。
患者になっちゃった人を念頭に活動しているこういう団体、
今後も応援していきたいです。

筋のとおったピンクリボンチャリティを!2008/07/13 08:00

署名のほう、患者会や関連団体へのお知らせをまだまだ続けています。
応援してくださっている方と手分けして、メール便に電話にファックス……。
それぞれ治療や仕事をしながらの活動ですので
電話も1日に数件しかかけられなかったりしますが
「あの企画は疑問に思っていた」と好意的な反応をいただくと
頑張らねば!と思います。

署名期間は

「7月末まで」

どんな集まり具合か、こそっとでも結構ですので
お知らせいただけると、ちと安心します。よろしくです。
署名簿は20人分も書ける大サービスの仕様になっていますが
お一人さまでも大歓迎です!

――――――――――――――――――――――――――――――――――

6月7日の署名開始以来、1ヶ月以上にわたって
ピンクリボンの歴史や、乳がん関連団体、チャリティの透明化について書いてきました。

ピンクリボン・チャリティによる寄付金が
マンモグラフィー検診の推進だけでなく、乳がんの自己検診の普及
さらには患者の支援やがん研究など、その他の事業にも生かされているのかどうか。
それを判断して議論を進めるために必要なのは
やはり詳細な情報開示だと考えます。
情報が公開されてこそ
ここが変だ、ここが足りないといった議論が成立しうるからです。

ピンクリボン運動自体は否定しません。早期発見は確かにとても大切です。
それに企業の販売促進活動も当然のことです。
また、組織がなにか活動を持続させていくには、資金が必要なのは事実です。

この署名活動にしても、紙代や郵送料など、なにかと費用がかかります。
今回は、署名簿を会へ送っていただく切手代をみなさんにご負担いただいていますし
お知らせ発送にかかる費用を支援者の方が負担してくださったりして
なんとかなっていますが
これがもっと大規模で、多額の費用がかかる活動をしたいとなるとそうはいきません。
どうにかして活動資金を調達してくるか
あるいは企業化して採算がとれるような事業にしていくか
何か手をうつ必要があります。

そして資金調達のひとつの方法として
ピンクリボンをかかげたチャリティをおこなったり
それによってあつまったお金を寄付してもらうことも必要になるのでしょう。

今おこなわれているピンクリボン・キャンペーンには
良心的できちんとしたものがたくさんあるはず。
それはわかっています。

でも、たとえば現在
女性だけでみても乳がんと患者数が変わらない大腸がんについては
大々的なリボン運動は展開されていません。
胃がん、肺がんも女性の年間死亡者数が乳がんより多いのに
リボン・チャリティは行われていません。

いったいなぜなのか?
まさか乳がんが利用しやすいから利用しているのでは?

また、なぜ早期発見に重点がおかれるのか?
まさか患者相手の活動とちがって今健康な人にアピールする活動であれば
明るく華やかな演出をほどこしやすく
商品の売り上げ増加につなげやすいから?

そんな疑念をはらすためにも、安直な企画が排除され
充分な情報公開を伴う、筋のとおったピンクリボン・チャリティが常識となるよう
心から願っています。


次回からは、「乳がん」という病気と治療について取り上げます。
とはいえ、わたしは医療の専門家ではありませんので
乳がん患者となって初めて知ったこと、気づいたことなどを中心に
書いていこうと思います。

病気の話は苦手っ!って方もおいででしょうが
人気ブログランキングのポチだけでもしにきてね。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

人気ブログランキング参加中。
1日1クリック、どうぞよろしくお願いします。

――――――――――――――
 > 今日も元気にポチッとね <
  ――――――――――――――


初めてこのブログにいらした方へ。
「NPOブログ記事の読み比べ評価!」という一覧に当ブログが紹介されています。
上のほうの表示順位をキープできるとうれしいので
まだポチッていない方はご協力ください。
読者の投票でGood!と評価されると上位に表示される仕組みです。
◆こちら◆の一覧から投票ねがいます。

「ピンク」する前に考えよう2008/07/12 09:25

昨日まで、寄付をもらう団体側の報告について見てみました。
今日は、アメリカのある乳がん関連団体と
そこがおこなっているキャンペーンをご紹介します。

―――――――――――――――――
ブレスト・キャンサー・アクション(Breast Cancer Action)
1990年の夏、全米乳がん連合(NBCC)ができた前の年
まだピンクリボンが生まれていない頃に
乳がんの原因や治療に関する情報があまりに不十分であることに業を煮やし
サンフランシスコに設立された団体。
その名が示すとおり、情報を知ること、伝えること
国に改善をもとめることなどをとおして
患者みずからが「行動」を起こすことを重視している。

「ピンク」する前に考えよう(Think Before You Pink)
市場にピンクリボン製品やキャンペーンがあふれ、どんどん数を増していることから
「ブレスト・キャンサー・アクション」が2002年にはじめたキャンペーン。
ピンクリボン・チャリティを行う企業に
事業の透明性とアカウンタビリティーを求めると同時に
消費者に対し、ピンクリボン・キャンペーンに参加する前に
以下のような質問を企業にぶつけてみようと呼びかけている。(原文はこちら)

1.購入価格のうち、いくらが寄付されるのか
2.全部で最高、いくらが寄付されるのか
 たとえば、1コ3900ドルでピンクリボン商品が売られていても
 最高で30000ドル寄付をすると制限されている場合もある
3.商品のマーケティング(商品開発から販売戦略まで)にいくらかかったのか
 寄付総額より多額のマーケティング費用がかかっているキャンペーンもある
4.寄付金はどのように捻出されているのか
 消費者やキャンペーン参加者が負担したお金が回されるのか
 そこから経費を引いた残りが回されるのか
 キャンペーンを行っている企業は一部でも負担するのか
5.寄付金は何という団体におくられ、どんな活動につかわれるのか
 その活動は、形骸化したものではなく、乳がんをなくすために実効性のあるものか
6.企業は乳がんを誘発するような製品を販売しないためにどう努力しているか
―――――――――――――――――

6番については、がんの原因が明らかになっていない現在
厳密に追求するにはムリがあるといった批判もあるようです。


わたしがこの”Think Before You Pink”キャンペーンを知ったのは
5月に閉鎖されたピンクリボンフェスティバル事務局のブログに
こういうキャンペーンがあるらしいと書き込みがあったからでした。

個人的なことですが、『グラマラス』の発売以降
わたしは1ヶ月ほどおろおろするばかりでした。
企画の内容をつげる記者会見の模様を知って
4月号発売開始前に講談社へ抗議のメールこそ送ったものの
この「事件」に自分がどういう切り口で向き合えばいいのか、わからずにいました。

安直な企画に腹が立ちましたが、感情的になっては何も解決しません。
自分のこのもやもやは、いったい何をどうすれば解決するものなのか。

そんな時、“Think Before You Pink”というキャンペーンがあることを知り
まさに目からうろこでした。
世にあふれるピンクリボン商品、問題のある企画に疑問を感じて
こうして行動している団体がすでにアメリカにあったとは!

具体的な中身については、いろいろ検討すべき点があるとしても
冷静かつ批判的にピンクリボン・キャンペーンをとらえてみるという視点が
何より新鮮でした。

わたしは治療中は自分のことで頭がいっぱいでしたし、
そもそもピンクリボン・キャンペーンは企業・団体がやっているものだからと
詳しい中身まで知ろうとせずに、ただただ傍観していました。
でも患者として、疑問を感じるピンクリボン・チャリティには声をあげるべきではないか
そのためには、どこがどんな活動を行っているのか、そこからまず勉強しよう
そう思ったきっかけを与えてくれたのが、“Think Before You Pink”との出会いでした。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

人気ブログランキング参加中。
1日1クリック、どうぞよろしくお願いします。

――――――――――――――
 > 毎日どうもありがとう! <
  ――――――――――――――


初めてこのブログにいらした方へ。
「NPOブログ記事の読み比べ評価!」という一覧に当ブログが紹介されています。
上のほうの表示順位をキープできるとうれしいので
まだポチッていない方はご協力ください。
読者の投票でGood!と評価されると上位に表示される仕組みです。
◆こちら◆の一覧から投票ねがいます。

他分野の団体の報告例2008/07/11 05:53

暑くなってきましたねー。
実はわが家、クーラーなしで夏を迎えて5年目です。
人間よりパソコンがどうにかなりそうで
毎年、「やっぱりクーラー買おうか」と言いつつ
恐ろしいほど室温があがるのは、毎年せいぜい2、3日。
都会とちがって夜はけっこう気温が下がるので、なんとかなっちゃっています。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

寄付金を受け取る団体の報告に関する話の続きです。

日本対がん協会も、乳房健康研究会も
情報開示がたりないのではないかと思えてなりませんが
おそらく両者とも法律に反しているわけではないのでしょう。

しかし法的な義務はなくとも、もっと情報を公開するべきではないでしょうか。
実際、国際貢献など、人々からの寄付金を活動資金としている他の分野のNPOでは
詳細な報告がおこなわれています。

―――――――――――――――――
NPO法人ピースウィンズ・ジャパン
イラク、アフガニスタン、モンゴル、東ティモールなどで
紛争、災害、貧困などの脅威にさらされている人々への
支援活動をおこなっている団体。
活動は、市民や企業からの会費や寄付
政府、国際機関、各種財団などからの助成金
またフェアトレード事業など収益事業からの純益によって支えられている。
サイト上の会計報告/年次報告では
2003年にまでさかのぼって情報が公開されている。

ユニセフ(国際連合児童基金)
1946年に、戦災国の児童の救済・福祉・健康改善を目的に設立された。
食品・衣服・薬品を児童・妊産婦に供給している。
収支報告をふくむ活動報告が、「ライブラリ」として
配布用の印刷資料とPDFファイルの形で提供されている。

NPO法人国境なき医師団
世界60ヵ国で医療援助活動をおこなっている団体。
やはり、会計監査報告つきの活動報告書をサイトで公開している。

NPO法人シャプラニール=市民による海外協力の会
募金や寄付にくわえ
フェアトレード商品の購入による国際協力をよびかけている団体。
2000年度までさかのぼって会計報告付きの活動報告書を公開している。
―――――――――――――――――

一般消費者の不信感を払拭し、納得のうえで継続的に寄付をしてもらうためにも
こうした情報公開は必要不可欠なのではないでしょうか。

次回は、ピンクリボン・チャリティの適正化に向けて行動しようと呼びかけている
アメリカの団体をご紹介します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

人気ブログランキング参加中。
1日1クリック、どうぞよろしくお願いします。

――――――――――――――
 > ポチッとするのはここよ <
  ――――――――――――――


初めてこのブログにいらした方へ。
「NPOブログ記事の読み比べ評価!」という一覧に当ブログが紹介されています。
上のほうの表示順位をキープできるとうれしいので
まだポチッていない方はご協力ください。
読者の投票でGood!と評価されると上位に表示される仕組みです。
◆こちら◆の一覧から投票ねがいます。