米の乳がん検診勧告変更について2009/11/20 12:45

はい、またまた久々の更新です!

すでに報道でご存知のかたも多いでしょうが、11月17日(現地時間で16日)
アメリカ政府の予防医学作業部会(USPSTF Preventive Services Task Force)から
乳がん検診の勧告変更が発表されました。
その主な内容は、次のとおりです。

  ・40代には定期的なマンモ検診受診を勧めない
  ・50~74歳には、2年に1度のマンモ検診受診を勧める
  ・75歳以上の検診は、健康状態を総合的に見て判断する
  ・自己触診(セルフチェック)は、推奨しない

アメリカでは新聞各紙、テレビ各局で取り上げられて大騒ぎになっています。
日本では朝日新聞ほかで、
「40代のマンモ検診の有効性を否定している」ことが重点的に報じられました。

実はこのかん、ずっとこの検診問題について勉強してきました。
米英で方針見直しの動きがあると報じられていたからです。

今回の変更について、わたしが何より重要だと思うのは
最新の科学的根拠に基づいてがん検診を考え
必要に応じて変更も辞さないという、その姿勢です。

今、治療の現場では、「EBM:科学的根拠に基づいた医療」ということが
さかんに言われます。
個人の見解や、根拠のないデータに基づいて治療を行うのではなく
その時点で分かっている最新の、信頼性の高いエビデンスに基づいて
治療を行おうという考えです。

同時に、そうした科学的根拠や、治療に伴うメリット、デメリットを
十分患者に説明し、納得してもらった上で
治療を行うということが重視されています。

それは裏返せば、医療は常に発展途上であり
最新の医学といえども分からないことや限界があることを認識した上で
最善の治療を行おうという姿勢でもあります。

検診についても、同じことが言えるはずです。
最新機器を使った検査であろうと、決して万全ではありません。
検診や、その検診で見つけようとするがんについて研究が進み
新しい事実が分かってくれば
方針の見直しが必要なはず。
また、その検診がどういう内容で、どのようなリスクがあるのかについて
受診者へのきちんとした説明が求められます。
今、健康な人を対象にしていても
検診の結果いかんでは、さらに精密検査を受けたり、
がんと診断されれば治療を受けたりと、
検診も、医療の一部だからです。


このブログで過去何度か
アメリカ最大の乳がん市民運動組織、
全米乳がん連合(NBCC:National Breast Cancer Coalition)について
触れてきました。
1991年に設立され、260万人の署名活動を通して政府に研究費増額を求めたほか
政策提議のできる人材の養成や、医療情報の提供など
幅広い活動を精力的に行ってきた団体です。
(過去記事:「全米乳がん連合-1」「全米乳がん連合-2」

そのNBCCから、今回の勧告変更を受けて、即日、eメールによる声明文が届きました。
設立以来、科学的根拠に依拠する重要性をとなえ
乳がん検診に限界とリスクがあることを長年訴えてきた団体として
作業部会の決定を支持するという内容です。
NBCCのホームページでも、今回の発表に対する見解が公表されています。
◆トップページ◆の動画にある“Breast Cancer Screening”から行けます)


これまで、医学の専門家でもないのに
医学的なことについては何も言えないと思ったりもしました。
でも今やインターネットであらゆる情報にアクセスでき
さらにNBCCをはじめ、「信頼できる情報の読み解き方」を学べる場は無数にあります。
今後は患者・体験者、一般市民も、最新の医学情報をきちんと読み解いて
自分の健康を守ると同時に
それぞれの立場から意見を伝えていくことが重要になるのではないでしょうか。

今後、わたしは次のことを目指して活動していきたいと考えています。

  ・科学的根拠に基づく、よりよいがん検診の徹底を
  ・受診者にメリットやデメリットを含め、がん検診に関する充分な情報提示を


ですが、「ストライプ・リボンの会」としては動きません。
この会は、ヌードとお金の問題を取り上げたのが発端ですが
それとはまた内容が全然違いますので。
別にサイトを設けることを今検討中です。実現の暁には、またご報告します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

そんなわけで、今後こちらのブログやHPはますます更新が滞ってしまうかと思います。
「お金」の件でいろいろ用意していたネタもあったのですが、
もうなんだか鮮度がすっかり落ちてしまいました(汗)。申し訳ありません。

なのでどうしても、ご報告しておかねばならないことだけ。

署名活動では、不特定多数の人から寄付を受けて活動資金にするのであれば
会計報告を誰でも見られる形で公表してほしい、と求めました。

その後についてですが、日本対がん協会は昨年から、
HPでほほえみ基金の単年度収支を報告してくれています。
◆こちら◆です。
実は繰越金の額について、計算が合わない部分があったのですが
問い合わせしたところ、単純な計算ミスで、近く修正しますとのお答えでした。

乳房健康研究会は、昨年末からHPで会計報告をPDFで公開してくれています。
◆こちら◆です。
法人設立時の分からすべて公開されています。
わたし、これに気づいたのがこの夏でした。
早くから公開してくださっていたのに、違う場所ばかりチェックしていて。
失礼いたしました!

以上が署名提出先の2件ですが、すでにご報告した通り、ほかにも
キャンサーネットジャパンも昨年から会計情報が公開されています。◆こちら◆

これで、署名開始時は
ラン・フォー・ザ・キュア(◆こちら◆)、1団体だったのが
4団体に増えました! わずかではありますが、4倍です(笑)。

他にもまだ公開している団体があるかもしれません。
気づいていなかったら、どなたかご指摘ください。
今後さらにもっと増えますように。

ラン・フォー・ザ・キュアについては、実はこの春、事務局におうかがいして
いろいろお話をうかがってきたんです。
マンモ機器の寄贈先の選定から、検診実施についてまで
非常に細かくルールをもうけて活動してらっしゃると分かりました。
そのあたりのご報告も結局できないままで、申し訳ないです。
また、この団体の画期的なのが、フリーマガジン「Pink」の発行です。
これには、乳がんに関連した医学情報のほかにも
さまざまな乳がん患者・体験者の生き方、活動が紹介されていて
みんな頑張ってるんだな~と勇気づけられます。
HPでも無料で見られます。◆こちら◆


以上、どーしてもご報告せねばと気になっていたことだけ
手短かな報告で申し訳ありません。

しばらくここは開店休業になるかと思いますが
また何かあったら更新しますので
今後ともよろしくお願いいたします。

寺田真由美

ピーター・クリスさん2009/10/23 13:13

前回更新から、また少し時間が空いてしまいましたが
今、水面下でいろいろと活動・勉強中です。
それはそれで、まとまったらご報告をと思っていますが
9月に書こうとしていた「お金」の話がそのままになっている。
先にそっちを終わらせなきゃっ! と、気持ちばかり焦っていたら
昨日、ロイターの報道が。

米ロックバンド「キッス」のオリジナル・メンバー、ピーター・クリスさん(ドラム)が
昨年、乳がんの手術を受けたそうです。
「キッス」といえば、あの白塗りメークとKISSのロゴが目に浮かびまする。

乳がんが「乳腺」の病気であること、
男性にも乳腺があって、乳がんになる可能性があることは
このブログでも何度か書いてきました。
記事にもある通り、割合としては、女性患者の約100分の1と言われています。
日本で今、年間4万人があらたに罹患するそうですから
単純計算すれば年に400人。

取材に対して、クリスさんは次のように語ったそうな。

胸の異変は自然に消えてしまうと考え、治療を受けようとしない男性が多すぎると話し、「誰にでも起こりうることだ」と強調した

乳がんは女性の病気だという誤解を定着させないためにも

   乳がん=胸(バスト)=女性らしさ、母性

と安易に結びつけるのは間違っていると、あらためて思いました。
なので、くどいですが、もう一度言います。
ピンクリボン活動にかかわる皆さま、

   乳がんとセクシュアリティを結びつけるのはやめてください。

取材にこたえて病気を公表したクリスさんの勇気に拍手を送ります!

「元気に見えても辛いカラダがあります」2009/07/17 17:34

知ってほしいキャンペーン キーホルダー

ご紹介するのがすっかり遅くなってしまいましたが
今日はこのマークについて。

がん経験者たちによって設立されたNPO法人HOPEプロジェクト
(サイトは◆こちら◆
手術直後や、抗がん剤治療中など
外見ではわからない痛みやつらさを抱えている人がいることを
理解してもらおうと作った、啓発用のキーホルダーです。
(上記の写真もHOPEプロジェクトさんに提供していただきました
 ありがとうございます<(_ _)>)

名付けて「知ってほしいキャンペーン」。(サイトは◆こちら◆
7月5日(日)の朝日新聞朝刊で大きく紹介されました。
(残念ながらデジタル化はされていない模様)

そもそものきっかけは、同NPOのメンバーで乳がん患者の女性が
外来で化学療法を受けた帰りの電車内で、空いている席を見つけて座ったところ
「マタニティーマーク」を持つ女性から「譲ってください」と言われたとのこと。
抗がん剤の副作用で吐き気などがあったものの、何も言えずに席を立ったそうです。

似たような話は、わたしの周辺のがん友さんや
ミクシィの患者会でもよく話題になります。

最近は、化学療法を入院して受けるのは稀になってきて
外来で、通院して受けている人が圧倒的なのは
このブログを読みにきてくださっている皆さんなら恐らくご存知でしょうが
世間一般ではまだまだ知られていません。

腫瘍摘出の手術も、入院期間は平均して約1週間。
都内では3泊4日で退院というケースも珍しくありません。
抜糸前の、あるいは抜糸したての、
手術で水がたまった胸をかかえて、電車に乗らなければならないなんて
想像しただけでコワい。
(あ、ちなみにタクシーを使う手もありますが医療費控除の対象にはなりません)

また、化学療法を受けているのは初期治療の人ばかりではありません。
初期治療であれば、化学療法は短くて3ヶ月程度から、長いと1年半ほどですが
再発・転移した人は、大抵エンドレスで治療を受けることになります。
しかも、骨転移して骨がもろくなり、激しい運動は控えてと言われているような人が
毎週通院して治療を受けていたりします。

さらに、がんは何も高齢者だけがなるものではなく
乳がんであれば40代後半がピーク、
子宮頚がんは30代がピークであり、
20代、さらには子供でも、がんを患う人がいることは
意外と一般的には意識されていません。

こんな風に、見た目には元気に見えても、痛みやつらさを抱えている人がいるのだと
広く社会に理解してもらおうと考案されたのがこのマーク、というわけです。

ただ、HOPEプロジェクトとしては「権利主張」のためだけに
このマークを使おうと考えているわけではないそうです。
朝日新聞の記事でも、理事長・桜井なおみさんのお話として
次のように書かれています。
「優先して座りたい、と権利を主張するつもりはない。
 病と共に歩む人に少しの思いやりを持ってほしいのです」
同NPOでは、がん体験者だけでなく、臓器移植を受けた人たちや
脳脊髄液減少症の患者にも、このキーホルダーを配布し、好評を得ているとか。

桜井さんとも直接、メールをやりとりして話をうかがいましたが
わたしのように幸い現在はいたって元気ながん経験者や
さらにはがんを患ったことのない人でも
病と共に生きる人の現状を広く社会に伝えようと思う人には
どしどしマークを利用してほしいというお考えでした。


その意味では、エイズのレッドリボンに近いのかなと個人的には思っています。

1994年に横浜で国際エイズ会議というのが開かれたんですが
わたしはそれにボランティアで少しだけ参加して、お手伝いをしました。
その時にもらったレッドリボンのシールを、普段持ち歩いている手鏡に貼っています。
シールをもらった時の説明で
レッドリボンは、「わたしは患者です」というマークではなく
エイズという病気について最低限の知識をきちんと持ち
HIV感染者/エイズ患者に差別・偏見を持っていませんという意思表示と考えて
と言われて、なるほど!と思ったからです。
当時(今でも?)、患者とあいさつのキスをしたら感染する?みたいな誤解が
まだまだ飛び交っていましたし。

去年おこなった署名活動の際、あ、ちょうど1年前の今頃ですね
つたない知識ながら、乳がんという病気についてあれこれブログに書きました。
署名活動をおこなったこと自体も、乳がんについてもっときちんと理解して!
という思いがあったのが、ひとつの大きな理由でした。
ですからわたしは個人的に今回のこのマーク、全面的に支持したいと思ってます。

ピンクリボン
乳がんへの理解を広めるためのマークかと以前は思っていたのですが
いつの間にやら、現在健康な人に乳がん検診の受診を勧めるための
シンボルマークになってしまった様子ですしね。

あ、余談ですが、検診のマークといえば
厚生労働省が立ち上げた「がん検診50%推進本部」では
上杉謙信に引っかけたイメージキャラクターを採用したそうな。


「知ってほしいキャンペーン」のキーホルダーは
桜井さんご自身、毎日付けて歩いてらっしゃって
これまでに何度か席を譲られたそうです。
そのときは、辛い状態ではなかったので
「今日は体調が安定しているので大丈夫です。
 お心遣い、ありがとうございます」と言って
説明のパンフレットをそっと渡されたとか。
(そのパンフのPDFは◆こちら◆

誕生したばかりのマークですし、
すでに世の中にはリボンやら何やら、数え切れないほどマークがありますし
まだまだいろいろ問題点もあるかもしれません。
朝日新聞にも、記事掲載後、7月10日の声欄に
「マークより言葉をかけ合おう」として意見が出ていました。
「人間には、マークで目に訴えなくてもコミュニケーションできる力が備わっています」
「子供たちにも、「マークを見て譲りなさい」ではなく、
 知らない人とも対話ができて、状況に応じた行動がとれるよう
 導いてあげることが大切だと思います」
まさにおっしゃる通り。
突き詰めれば、こんなマークがなくとも優しくスムーズに回る社会になれば
一番いいんですよね。
でも現状では、その言葉を絞り出す気力、勇気が出せずに
つらい思いをしている人がいる。
それに、わたし個人としても、がんという病気について
もっと広く理解を求めたいし、もっとオープンに語り合えるようになってほしい。
だから、ホントはシンボルマークに限らず
揃いのTシャツすら苦手なタチなんですけど
これは積極的にバッグにでもぶら下げて歩きたいと思っています。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

関連情報。
HOPEプロジェクトの桜井さんは、今年の5月
アメリカで開かれたNBCCFのカンファレンスに参加なさいました。
署名期間中に何度か紹介した「NBCC:全米乳がん連合」の姉妹団体です。
(過去記事:◆こちら◆◆こちら◆
その時のレポート「米国でアドボカシー・トレーニングを体験」が、
現在がんナビに連載されています。
とても興味深い記事なので、読んでみてみて(リンクは順次追加していきます)。
1回目は◆こちら◆
2回目は◆こちら◆
3回目は◆こちら◆
4回目は◆こちら◆
5回目は◆こちら◆
6回目(最終回)は◆こちら◆

乳がん治療は「乳腺外科」へ2008/07/29 09:40

週があけて昨日の月曜日、私書箱にたくさんの署名が届いていました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

7月28日現在、集まった署名の数は、

475筆!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
お送りくださった皆さん、ありがとうございました<(_ _)>

――――――――――――――――――――――――――――――――――

乳がんに関する話の最後に、大切なことをひとつ。
胸にしこりを見つけたなどした場合
「産婦人科」へ行けばよいと考えている人が今も大勢います。
ですが乳がんの治療を行う診療科は産婦人科ではなく、一般に「乳腺外科」です。
ただ、この「乳腺外科」という診療科名は
今年2008年4月からようやく正式に認められた名称です。
病院によっては、まだ「外科」という看板をかかげているところがあるかもしれません。
さらに乳腺については
2004年10月から「乳腺専門医」の広告をおこなうことが認められています。
病院を選ぶ際のひとつのチェックポイントとして
専門医がいるかどうかも確認なさるといいかもしれません。
同時に、乳がんの治療は放射線や抗がん剤など多岐にわたるケースが多いので
放射線腫瘍学や腫瘍内科の医師がいるか、チーム医療が期待できるか、
「検診マンモグラフィ読影認定医」がいるかどうかも、大事なポイントです。

なお、検査の結果、はっきり「がん」だとわかればいいのですが
そうではないケースも多い模様。
「おそらく良性でしょう」「問題ないでしょう」と言われ
がんじゃなかったんだ!と喜んでいたら
数ヶ月のちに急に悪くなってきて
再度検査したら悪性だったというケースを時々耳にします。
20代の女性など、「その若さで乳がんはありえない」と言われたのに
実は乳がんだったという、信じられない話も聞きます。
脅すわけではありませんが、もしあいまいな結果が出たら
安心せずに念のため、別の病院で確認の検査を受けられることをお勧めします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

人気ブログランキング参加中。
1日1クリック、どうぞよろしくお願いします。

――――――――――――――
 > あと3日どうぞよろしく <
  ――――――――――――――



初めてこのブログにいらした方へ。
「NPOブログ記事の読み比べ評価!」という一覧に当ブログが紹介されています。
読者の投票でGood!と評価されると上位に表示される仕組みです。
おかげさまでずっと上のほうの表示順位をキープしています。
まだポチッていない方はどうぞご協力ください。
◆こちら◆の一覧から投票ねがいます。

「ピンク」する前に想像力を2008/07/28 09:40

昨日の日曜日はあらたに届いた署名はありませんでした。
現在の筆数は
324筆!
で変わらずです。
いよいよ残すところあと4日。
皆さ~ん。そろそろお手持ちの署名用紙をお送りくださいね~。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

これまで素人なりの経験と、読みかじり・聞きかじりの知識から
乳がんという病気と治療について書いてきました。
こんな現状なんですということを皆さんに知っていただきたいと思ったからですが
「乳がん患者はこんなに大変なのよ、わかって、同情して」と言っているようで
少々心苦しいのも事実。
世の中には乳がんに限らず、さまざまな病気に苦しんでいる人が大勢います。
乳がんだけが特別なわけでは決してありません。
でも、ほかの病気では類を見ないほど
盛んにチャリティ・キャンペーンが行われている乳がんです。
もう少しだけ、お話したいことがあるので、お付き合いください。

5月にピンクリボンフェスティバル事務局のブログが閉鎖されたことは
すでに書きました。
そのブログの2005年11月7日の記事に
次のようなコメントがついているのを見て、わたしはがっくり来ました。
「仕事の関係上、去年からピンクリボン運動に参加してます。去年より一般の方々に浸透してきていると感じてます、私も今年初マンモグラフィーをしてきました! 女性は何時までも女性としていられるためにも「胸」って大事だと思います、事務局の方!がんばってください!」
乳がんになったら女性としていられなくなる…?
マンモグラフィーを受ければ、大事な胸を守れる…?
検診で引っ掛かって乳がんが見つかった女性は、「残念でした」の負け組…?
そう言いたいんですかと思わずツッコミたくなってしまうような書き込みが
ピンクリボン運動に携わる企業の方からあったということ
そしてそれが2年半ものあいだ、そのまま残っていたことに、愕然としたのです。
ピンクリボン・キャンペーンに携わる企業はたくさんあります。
中には非常に良心的に、熱心に、活動を続けてらっしゃるところもあり
乳がんについて勉強なさって詳しい知識をお持ちの方もおいででしょう。
配慮をもって、きちんとした活動を行ってくださっている企業・団体には
心から敬意を表しますし
この書き込みをしたような人は、例外的なのかもしれませんが
ここに『グラマラス』の企画にも共通する想像力のなさをわたしは感じてしまいました。
わたしだって、病気と関係ないところでは
「巨乳」がどうの、「貧乳」がどうの
ボンキュッパッの体がステキといった会話ぐらいします。
でも、早期発見の啓発活動をするにあたって
「いつまでも女であるために」「いつまでもきれいであるために」とするのは
あまりに現実からズレた、想像力に欠ける発言だと思います。
さらに言えば、検診で病気が見つかるかもしれない人への優しさにも
欠けているのではないでしょうか。

がんという病気になると、新聞を開いても、テレビを見ていても
がんという言葉が目に、耳に、飛び込んできます。
たとえ、今健康な人を対象としたキャンペーンであっても
「ピンクリボン」をかかげた企画であれば
乳がん患者としてはどうしても気になってしまいます。
「病気に関係したキャンペーンは当事者以外が行うのは無理だ」などと
言うつもりはありません。
ただ、ピンクリボンをかかげてキャンペーンを行う際には
乳がん患者が不愉快に思うような要素が排除されるよう
想像力をはたらかせていただければと、心から願っています。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

人気ブログランキング参加中。
1日1クリック、どうぞよろしくお願いします。

――――――――――――――
 > 皆さまに幸多からん事を <
  ――――――――――――――



初めてこのブログにいらした方へ。
「NPOブログ記事の読み比べ評価!」という一覧に当ブログが紹介されています。
読者の投票でGood!と評価されると上位に表示される仕組みです。
おかげさまでずっと上のほうの表示順位をキープしています。
まだポチッていない方はどうぞご協力ください。
◆こちら◆の一覧から投票ねがいます。