米の乳がん検診勧告変更について2009/11/20 12:45

はい、またまた久々の更新です!

すでに報道でご存知のかたも多いでしょうが、11月17日(現地時間で16日)
アメリカ政府の予防医学作業部会(USPSTF Preventive Services Task Force)から
乳がん検診の勧告変更が発表されました。
その主な内容は、次のとおりです。

  ・40代には定期的なマンモ検診受診を勧めない
  ・50~74歳には、2年に1度のマンモ検診受診を勧める
  ・75歳以上の検診は、健康状態を総合的に見て判断する
  ・自己触診(セルフチェック)は、推奨しない

アメリカでは新聞各紙、テレビ各局で取り上げられて大騒ぎになっています。
日本では朝日新聞ほかで、
「40代のマンモ検診の有効性を否定している」ことが重点的に報じられました。

実はこのかん、ずっとこの検診問題について勉強してきました。
米英で方針見直しの動きがあると報じられていたからです。

今回の変更について、わたしが何より重要だと思うのは
最新の科学的根拠に基づいてがん検診を考え
必要に応じて変更も辞さないという、その姿勢です。

今、治療の現場では、「EBM:科学的根拠に基づいた医療」ということが
さかんに言われます。
個人の見解や、根拠のないデータに基づいて治療を行うのではなく
その時点で分かっている最新の、信頼性の高いエビデンスに基づいて
治療を行おうという考えです。

同時に、そうした科学的根拠や、治療に伴うメリット、デメリットを
十分患者に説明し、納得してもらった上で
治療を行うということが重視されています。

それは裏返せば、医療は常に発展途上であり
最新の医学といえども分からないことや限界があることを認識した上で
最善の治療を行おうという姿勢でもあります。

検診についても、同じことが言えるはずです。
最新機器を使った検査であろうと、決して万全ではありません。
検診や、その検診で見つけようとするがんについて研究が進み
新しい事実が分かってくれば
方針の見直しが必要なはず。
また、その検診がどういう内容で、どのようなリスクがあるのかについて
受診者へのきちんとした説明が求められます。
今、健康な人を対象にしていても
検診の結果いかんでは、さらに精密検査を受けたり、
がんと診断されれば治療を受けたりと、
検診も、医療の一部だからです。


このブログで過去何度か
アメリカ最大の乳がん市民運動組織、
全米乳がん連合(NBCC:National Breast Cancer Coalition)について
触れてきました。
1991年に設立され、260万人の署名活動を通して政府に研究費増額を求めたほか
政策提議のできる人材の養成や、医療情報の提供など
幅広い活動を精力的に行ってきた団体です。
(過去記事:「全米乳がん連合-1」「全米乳がん連合-2」

そのNBCCから、今回の勧告変更を受けて、即日、eメールによる声明文が届きました。
設立以来、科学的根拠に依拠する重要性をとなえ
乳がん検診に限界とリスクがあることを長年訴えてきた団体として
作業部会の決定を支持するという内容です。
NBCCのホームページでも、今回の発表に対する見解が公表されています。
◆トップページ◆の動画にある“Breast Cancer Screening”から行けます)


これまで、医学の専門家でもないのに
医学的なことについては何も言えないと思ったりもしました。
でも今やインターネットであらゆる情報にアクセスでき
さらにNBCCをはじめ、「信頼できる情報の読み解き方」を学べる場は無数にあります。
今後は患者・体験者、一般市民も、最新の医学情報をきちんと読み解いて
自分の健康を守ると同時に
それぞれの立場から意見を伝えていくことが重要になるのではないでしょうか。

今後、わたしは次のことを目指して活動していきたいと考えています。

  ・科学的根拠に基づく、よりよいがん検診の徹底を
  ・受診者にメリットやデメリットを含め、がん検診に関する充分な情報提示を


ですが、「ストライプ・リボンの会」としては動きません。
この会は、ヌードとお金の問題を取り上げたのが発端ですが
それとはまた内容が全然違いますので。
別にサイトを設けることを今検討中です。実現の暁には、またご報告します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

そんなわけで、今後こちらのブログやHPはますます更新が滞ってしまうかと思います。
「お金」の件でいろいろ用意していたネタもあったのですが、
もうなんだか鮮度がすっかり落ちてしまいました(汗)。申し訳ありません。

なのでどうしても、ご報告しておかねばならないことだけ。

署名活動では、不特定多数の人から寄付を受けて活動資金にするのであれば
会計報告を誰でも見られる形で公表してほしい、と求めました。

その後についてですが、日本対がん協会は昨年から、
HPでほほえみ基金の単年度収支を報告してくれています。
◆こちら◆です。
実は繰越金の額について、計算が合わない部分があったのですが
問い合わせしたところ、単純な計算ミスで、近く修正しますとのお答えでした。

乳房健康研究会は、昨年末からHPで会計報告をPDFで公開してくれています。
◆こちら◆です。
法人設立時の分からすべて公開されています。
わたし、これに気づいたのがこの夏でした。
早くから公開してくださっていたのに、違う場所ばかりチェックしていて。
失礼いたしました!

以上が署名提出先の2件ですが、すでにご報告した通り、ほかにも
キャンサーネットジャパンも昨年から会計情報が公開されています。◆こちら◆

これで、署名開始時は
ラン・フォー・ザ・キュア(◆こちら◆)、1団体だったのが
4団体に増えました! わずかではありますが、4倍です(笑)。

他にもまだ公開している団体があるかもしれません。
気づいていなかったら、どなたかご指摘ください。
今後さらにもっと増えますように。

ラン・フォー・ザ・キュアについては、実はこの春、事務局におうかがいして
いろいろお話をうかがってきたんです。
マンモ機器の寄贈先の選定から、検診実施についてまで
非常に細かくルールをもうけて活動してらっしゃると分かりました。
そのあたりのご報告も結局できないままで、申し訳ないです。
また、この団体の画期的なのが、フリーマガジン「Pink」の発行です。
これには、乳がんに関連した医学情報のほかにも
さまざまな乳がん患者・体験者の生き方、活動が紹介されていて
みんな頑張ってるんだな~と勇気づけられます。
HPでも無料で見られます。◆こちら◆


以上、どーしてもご報告せねばと気になっていたことだけ
手短かな報告で申し訳ありません。

しばらくここは開店休業になるかと思いますが
また何かあったら更新しますので
今後ともよろしくお願いいたします。

寺田真由美

ピーター・クリスさん2009/10/23 13:13

前回更新から、また少し時間が空いてしまいましたが
今、水面下でいろいろと活動・勉強中です。
それはそれで、まとまったらご報告をと思っていますが
9月に書こうとしていた「お金」の話がそのままになっている。
先にそっちを終わらせなきゃっ! と、気持ちばかり焦っていたら
昨日、ロイターの報道が。

米ロックバンド「キッス」のオリジナル・メンバー、ピーター・クリスさん(ドラム)が
昨年、乳がんの手術を受けたそうです。
「キッス」といえば、あの白塗りメークとKISSのロゴが目に浮かびまする。

乳がんが「乳腺」の病気であること、
男性にも乳腺があって、乳がんになる可能性があることは
このブログでも何度か書いてきました。
記事にもある通り、割合としては、女性患者の約100分の1と言われています。
日本で今、年間4万人があらたに罹患するそうですから
単純計算すれば年に400人。

取材に対して、クリスさんは次のように語ったそうな。

胸の異変は自然に消えてしまうと考え、治療を受けようとしない男性が多すぎると話し、「誰にでも起こりうることだ」と強調した

乳がんは女性の病気だという誤解を定着させないためにも

   乳がん=胸(バスト)=女性らしさ、母性

と安易に結びつけるのは間違っていると、あらためて思いました。
なので、くどいですが、もう一度言います。
ピンクリボン活動にかかわる皆さま、

   乳がんとセクシュアリティを結びつけるのはやめてください。

取材にこたえて病気を公表したクリスさんの勇気に拍手を送ります!

ピンクリボン月間に思うこと2009/10/05 19:22

10月1日、ピンクリボン月間が始まりました。
その日、このブログと会のホームページには
普段にはないほど多くの方が訪れてくれました。
「筋のとおったピンクリボンを!」とうったえている立場としては
何かアピールを書いておくべきだったかなぁ。

でも、このブログと会のホームページを立ち上げてから
言いたいことは、くどいぐらい言ってきましたしね。
一生懸命活動している方たちを否定したり
足を引っ張るようなことはしたくないという思いもあって
何もせずにいましたが
今日は遅まきながら、ピンクリボン月間に思うこと
ピンクリボンに望むことを書かせていただきます。

一言でいえば

患者にも優しいピンクリボンであってほしい

それだけです。

ピンクリボンは、乳がんという病についての啓発活動のはず。
検診率さえあがれば目標達成というわけにはいきません。

今、20人に1人が乳がんになると言われています。
100人が検診をうければ、5人の患者が見つかる計算です。
その5人が、こんなはずじゃなかったと
不要な悲しみに暮れることがないよう、配慮してほしいのです。

※10/21訂正:「20人に1人」の数字は、「一生涯で乳がんにかかる人」の割合でした。ですので、単年度で検診を受けて乳がんが見つかる人はもっと少なく、「1万人受診して、乳がんの確定診断を受けるのは23人」だそうです(日本対がん協会HPより)。ここにお詫びして訂正します。

病気が見つかってからの医学的・社会的サポートも検討していただきたい。
乳がんという病気に対する誤解や偏見がなくなるよう
正確な情報を流していただきたい。

以前、ブログにも書きましたが、ピンクリボン運動をおこなう団体のブログに
次のようなコメントがありました。

「仕事の関係上、去年からピンクリボン運動に参加してます。(中略)女性は何時までも女性としていられるためにも「胸」って大事だと思います、事務局の方!がんばってください!」

病気が見つかった患者は、命を守るために
胸にメスを入れてもらい、放射線をあてます。
それを知っていれば、このような言葉は出てこないはず。

なのにいまだに
「女性、母性の象徴でもあるバスト」といった表現が
一部のピンクリボン運動にたずさわる人々によって使われています。

そうではなく
「たとえ胸に傷があろうと、ふくらみがなかろうと
 乳首をなくそうと、シリコンを入れようと、あなたはあなた、輝いている」

励ますような言葉を、ぜひとも発していただきたい。
そういう優しさのある社会なら、患者はずいぶん生きやすくなります。

上記のような無神経な表現に
乳がん患者全体の1%と言われる男性患者も
(がんナビの男性乳がん患者に関する記事はこちら
どれだけ傷ついていることかと思います。

また、「乳がんをなくす○○基金」という表現。
検診率がアップしても、乳がんはなくなりません。患者はむしろ、ふえるのです。
乳がんをなくすことが目的であれば、
治療・予防の研究に今以上に力を入れていただきたい。

これだけ低迷している検診率をあげるには
多少、センセーショナルなやり方もやむをえないという考えには
自分が体験者だからかもしれませんが
正直、どうしても違和感をおぼえます。

ピンクリボンは、今健康な人を対象にした早期発見のための啓発活動であり
しょせん、患者は部外者なのだと思っている人も大勢います。
でもわたしは、これから病気が見つかるかもしれない人が
少しでも気持ちよく治療生活やその後の人生を送れるよう
患者にも優しいピンクリボンが常識になってほしい
そう願っています。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

ブログランキング参加中

ブログランキング

今朝の子宮頸がんの記事2009/09/22 16:28

今朝の朝日新聞朝刊に、子宮頸がんの記事が出ていました。
そこに、思わず「これこれ!こういうのが欲しかったのよ!」と
ひざを叩き、記事を切り抜かずにいられない記述が。
「子宮頸がん 検診率2割」「早期発見なら部分切除」という見出しの記事です。

「子宮頸がん検診は、確実に実施すれば死亡率を大幅に減らせる」として
次のような報告が紹介されていました。

名古屋大などの研究グループの報告(06年)によると、国内45市町村で88~03年の間、受診者と未受診者、計約6万人の子宮頸がんによる死亡率を比較した結果、受診者の死亡率は、未受診者より7割も少なかった。

先日、わたしが意見メールを送った記事も
早期発見のための検診の重要性を説くのであれば
その根拠となるような、こういうデータを示してほしかったのです。

意見を送った問題の文章は、記事の見出し文にあったものですが
ほぼ1面すべてをつかった他の記事は
患者と医師のコミュニケーションをテーマにした、
アグネス・チャンと主治医の先生の対談と
10月に予定されているピンクリボンフェスティバルの情報です。
そういう内容であれば、それに見合った見出し文で済ませればいいのであり
そうではなく、「検診を受けましょう」と言いたいのであれば
あのような、「検診を受けない人が死んでます」といった書き方をするのでなく
検診の意義を示す具体的データ、情報を示すべきだったのではないかと
しつこいですけど、そう思います。

乳がんの集団マンモ検診については
過剰診断
=発見されなければ症状が出ず、死亡原因にならなかったがんが見つかること
の割合が、3人に1人にまでのぼっている
先月、海外の報告が紹介されています。
(がんナビに紹介記事があります。◆こちら◆

この報告も、子宮頸がんの報告も、どう読み取ってどこまで信じればいいのか
決して数字をそのまま鵜呑みにしてはいけないとは思いますが
医療はつねに発展途上であり、データの積み上げを頼りにするしかないはず。
データが提示されてこそ、受け手もあれこれ考えることができ
次へ進めるんではないかと、あらためて感じました。

そんなことを考えている今日この頃なので
今度の日曜日、キャンサーネットジャパンが開くセミナー
「もっと知ってほしいがんの臨床試験・治験のこと」
ぜひ参加して話を聞きたいと思っています。
(セミナーの情報は◆こちら◆

日本のがんに関する臨床試験・治験はとても遅れていると聞きますが
感情や思い込みに走らず、少しでもより良い医療をめざすには
欠かせないことですもんね。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

ブログランキング参加中

ブログランキング

朝日新聞、その後2009/09/19 16:57

前回、朝日新聞に抗議の意見メールを送ったことを書きましたが
その後のご報告です。

メールを送った翌々日、広報部から返事が届きました。
不快な思いをさせたことについて丁寧な謝罪はありましたが
こちらとしては、患者の心情に配慮してほしいのももちろんだけれど
事実に基づかない情報が掲載されたことについて、一般読者の誤解を招きかねない
よって訂正をお願いしたいというのが一番言いたいことだったので
その旨、再度メールをお送りし、訂正掲載の検討をお願いしました。

その数日後、今度は医療部の方からお電話をいただき
昨日の金曜日、直接会って話を聞いていただくことができました。

その席で、ピンクリボンが患者に背中を向けていると思えてならないことや
新聞であれば、検診率をあげたいがためにあのような言い方をするのではなく
「がん」という病気について正しい情報をもっと発信してほしいこと
その際には、裏付けとなるデータをしっかり検証し
事実にもとづく報道をしてほしいこと、などなど
あれやこれや、たっぷり2時間以上お話しました。

こういうことには不慣れなもので
あれも話したい、これも言いたいみたいになっちゃって
どこまできちんと伝わったか、不安な部分もありますが
先方からは、今日聞いた話にはもっともだと思える部分も多々あるので
いつとは約束できないものの、何らかの形で記事にできないか検討したい
そのために時間をもらいたいというお言葉をいただきました。

まだ、これがどのように生かされるか分からない部分はありますが
意見メールを送った一介の患者のために
はるばる会いに来てくださって
直接顔を合わせてお話できたことは、大きな収穫でした。
この場を借りてあらためて、お礼を申し上げます。ありがとうございました。

このブログで再三、記事を引用させてもらっているように
わたしはなんとなくではありますが、親の代から朝日の購読者です。
(これまたなんとなくですが、HPもブログも、アサヒネット(笑))
そういえば、高校生の頃「声」欄に投書して、図書券か何かもらったっけ。

読み慣れているので、他紙に乗り換えることもなく来ていますが
いずれにせよ、わたしは新聞の力をまだまだ信じている人間です。
インターネットでニュースが手軽に手に入る時代ですし
新聞を取らない人が増えているとも聞きますが
テレビや週刊誌がなかなか書けないような話題でも
新聞なら書けるといったことがあると思うんです。
特に、とかく病気の話は暗いからと敬遠されがちであることを思うと
新聞屋さんには頑張っていただきたいと期待しています。
素人患者ながら、今言いたいことを、精一杯お伝えしたつもり。
これが今後の記事に何らかの形で反映されたらいいなと心から祈っています。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

ブログランキング参加中

ブログランキング