近況報告&告知:高木学校で話をします2011/01/09 17:41

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年が皆さんにとってすてきな年になりますように。

すっかり放置状態のこちらのブログですが、
このかんますます二足のわらじ状態を深めつつあります。 

12月、2週間かけて、アメリカ・テキサス州を訪問してきました。
サンアントニオ乳がん学会に参加して勉強し、
ヒューストンにある全米トップクラスのがん診療病院MDアンダーソンも見学してきました。

非常に刺激的な旅で、一緒に行った友人と、
今後の展開に向けたアイデアがドハドハ出てきました。


テーマは、「患者教育」 

患者はもっと勉強せなあかん。 

とつくづく思う今日このごろ。
でもそのためにはまず自分が勉強せな。 


というわけで、来月頭にはメキシコ・カンクンへ
NBCCが開く患者支援者養成講座Project LEADというのを受けに行くことになりました。
すでに事前のE-ラーニングの案内や、暫定日程が来ています。
なんと、ハーセプチンを開発したドクター・スレイモンが、
臨床試験がらみの講座の講師に予定されています!
映画「希望のちから」のモデルになったお医者さんです。すっげ~! 

――――――――――――――――――――――――――――――――――

そんなわけで今月は仕事しもって、メキシコ行きの準備と大忙しですが、
もう1つイベントがあります。 

昨年、縁あって高木学校の医療被曝研究グループの方達と知り合い、
今月の22日(土曜日)、高木学校恒例の市民講座で、
わたしも少し話をさせていただくことになりました。 
よろしかったら興味のある方、お時間のある方、お出かけくださいまし。 

第14回市民講座
「やめられない、とまらないがん検診 Part2 乳がんと検診の危うい関係」 
http://takasas.main.jp/event_110122.php 

高木学校は、故・高木仁三郎さんの遺志を継いで設立された組織です。 
高木仁三郎さんは、ご存じの方もおいででしょうが、
「原子力資料情報室」というところで、
科学者として原子力、特にプルトニウムの危険性を
訴える活動をなさっていた方です。 

そういう高木の市民講座ですので、
見える方は原子力・放射線について強い人々や、一般の方が多いらしい。
そこで今回私はアメリカにも一緒に行った友人・桜井なおみさんと組んで 

「ピンクリボンよ、どこへ行く」 

と題した発表をやります。 
私は乳がんってどんな病気?という概略をちょこっと話させてもらい、
メインは桜井さんにお願いして、
患者の立場から見たピンクリボンの問題点、
今後の課題などについて話す予定です。
暫定パワポを見せてもらいましたが、
「ストライプ・リボンの会」のブログからも引用してくれてます(笑)。 

よろしかったらどうぞ♪♪ 



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://pink-accountability.asablo.jp/blog/2011/01/09/5630827/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。