ピンクリボン月間に思うこと2009/10/05 19:22

10月1日、ピンクリボン月間が始まりました。
その日、このブログと会のホームページには
普段にはないほど多くの方が訪れてくれました。
「筋のとおったピンクリボンを!」とうったえている立場としては
何かアピールを書いておくべきだったかなぁ。

でも、このブログと会のホームページを立ち上げてから
言いたいことは、くどいぐらい言ってきましたしね。
一生懸命活動している方たちを否定したり
足を引っ張るようなことはしたくないという思いもあって
何もせずにいましたが
今日は遅まきながら、ピンクリボン月間に思うこと
ピンクリボンに望むことを書かせていただきます。

一言でいえば

患者にも優しいピンクリボンであってほしい

それだけです。

ピンクリボンは、乳がんという病についての啓発活動のはず。
検診率さえあがれば目標達成というわけにはいきません。

今、20人に1人が乳がんになると言われています。
100人が検診をうければ、5人の患者が見つかる計算です。
その5人が、こんなはずじゃなかったと
不要な悲しみに暮れることがないよう、配慮してほしいのです。

※10/21訂正:「20人に1人」の数字は、「一生涯で乳がんにかかる人」の割合でした。ですので、単年度で検診を受けて乳がんが見つかる人はもっと少なく、「1万人受診して、乳がんの確定診断を受けるのは23人」だそうです(日本対がん協会HPより)。ここにお詫びして訂正します。

病気が見つかってからの医学的・社会的サポートも検討していただきたい。
乳がんという病気に対する誤解や偏見がなくなるよう
正確な情報を流していただきたい。

以前、ブログにも書きましたが、ピンクリボン運動をおこなう団体のブログに
次のようなコメントがありました。

「仕事の関係上、去年からピンクリボン運動に参加してます。(中略)女性は何時までも女性としていられるためにも「胸」って大事だと思います、事務局の方!がんばってください!」

病気が見つかった患者は、命を守るために
胸にメスを入れてもらい、放射線をあてます。
それを知っていれば、このような言葉は出てこないはず。

なのにいまだに
「女性、母性の象徴でもあるバスト」といった表現が
一部のピンクリボン運動にたずさわる人々によって使われています。

そうではなく
「たとえ胸に傷があろうと、ふくらみがなかろうと
 乳首をなくそうと、シリコンを入れようと、あなたはあなた、輝いている」

励ますような言葉を、ぜひとも発していただきたい。
そういう優しさのある社会なら、患者はずいぶん生きやすくなります。

上記のような無神経な表現に
乳がん患者全体の1%と言われる男性患者も
(がんナビの男性乳がん患者に関する記事はこちら
どれだけ傷ついていることかと思います。

また、「乳がんをなくす○○基金」という表現。
検診率がアップしても、乳がんはなくなりません。患者はむしろ、ふえるのです。
乳がんをなくすことが目的であれば、
治療・予防の研究に今以上に力を入れていただきたい。

これだけ低迷している検診率をあげるには
多少、センセーショナルなやり方もやむをえないという考えには
自分が体験者だからかもしれませんが
正直、どうしても違和感をおぼえます。

ピンクリボンは、今健康な人を対象にした早期発見のための啓発活動であり
しょせん、患者は部外者なのだと思っている人も大勢います。
でもわたしは、これから病気が見つかるかもしれない人が
少しでも気持ちよく治療生活やその後の人生を送れるよう
患者にも優しいピンクリボンが常識になってほしい
そう願っています。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

ブログランキング参加中

ブログランキング

コメント

_ 最凶 ― 2009/10/12 12:29

ご無沙汰です。朝日記事への対応、お疲れ様でした。相手と談判まで持ちこむとは、相変わらずの行動力に脱帽です。
仕事がちょっと一段落したので、ヒサビサに「出もの腫れもの」にUPした記事をTBさせてもらいました。
ピンクリボンが患者の方を向いていないのはなぜか、これからグリグリ追求しますんでよろしくー。

_ てらだ >最凶さん ― 2009/10/12 16:17

最凶さん ようこそです~!
最新記事、拝見しましたよ。……と、あれ? こちらからもさっそくTBをかけさせてもらったつもりでいたんですが、行ってない様子? 今日、もいちどトライしてみましたが、どうでしょう? また何か勘違いしてるのかなぁ、TB、ことごとく失敗続きですxxxxx。

とにかく、続編を楽しみにしています。
「熱狂」しないで、冷静に、エビデンスに基づく検診をやろうよ、という方向で、こちらも少し動いてみたいと思ってます。こちらこそよろしく!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://pink-accountability.asablo.jp/blog/2009/10/05/4616220/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 医療ライター真ノ宮ゆなのHAPPYナチュラル生活 - 2009/10/06 14:21

第5回ピンクリボンフェスティバルのデザイン大賞、受賞者が発表されましたね。
今年はどのような作品が受賞するのか!?と、わたしもドキド...

_ 飯嶋洋治のフリーライターの現場から - 2009/10/09 17:03

東京ミッドタウンで行われたピンクリボンスマイルウオークに参加してきたを見学してきた。東芝メディカルシステムズとワコールに話を聞けた。 公式に聞いた話ではないので、ここではその内容は公表しないが、建前と本音の違いが聞けたということで、面白かったとだけ書いて

_ 出もの腫れもの処嫌わず - 2009/10/11 12:17

[画像]
 
 「余命嫁」騒動以来のちょ〜〜〜〜ご無沙汰の今日この頃、世の中はすっかりピンクリボン月間ですが、留守にもかかわらず連日多くの方においでいただき、まことにありがた山のからすとんび。
 あの騒ぎからとゆーもの、お陰さまで某巨大掲示板でも「キ○ガイ」「クソババー」というまるで30年前の中学生からさながら(ひょっとしてそのものだったりして)の、ありがたーい称号をいただき、密かに心の勲章としつつ連日仲居業に専念する毎日であります。

 にしたって上の画像はいったい何だ、いよいよねらーのゆーよーに頭がおかしくなったか、ナチヲタの男と不倫でもしてるのかとゆーお疑いもありましょうが左に非ず。
 この「意志の勝利」ってーのは、ナチスの党大会を記録したプロパガンダ映画で、その映像美で映画史に残るほどの作品という評価が高いものの、ドイツでは国民への影響があまりに大きいってんで、戦後は一般上映が禁止されているほどのしろもの。
 渋谷のマニアックな館でやってるのを見つけて、ちょーど都内に出る用事のついでに見てきたってワケー。

 そもそもなんでナチスかってーと、ま、とっくにお忘れかとは思うけど、ずーっと前にピンクリボン関連の記事にこんなことを書いてたんだな。
 「と、思っていたら、ピンクリボン特集の数日後の朝日新聞で、文芸評論家の斉藤美奈子が、この間の選挙や安直なベストセラーに「熱狂する人々」についての記事に、ヒトラーの「我が闘争」から引用していたのが面白い。(中略)これってそのままピンクリボンに当てはまるじゃん。」

 それからというもの、ナチスのキャンペーンには興味をもってて、ちょっと調べてみたら健康に関するものがゾロゾロ出てきたりですんきゃー面白いんだけど、それはひとまずおいといて、映画を見た感想は「やっぱピンクリボンも数多のガンキャンペーンもプロパガンダの基本に忠実!」の一言につきますね。
 かんじんの映画の内容ってーと、ほとんど演説とイベント(おもに行進)のくり返しなんだけど、ヒトラーの言ってることは端折っちゃうと「俺たちは優秀なんだから国の再建のためにみんなでガンバロー」って実に単純なスローガン。ピンクリボンの「早期発見をすればきっと治る」ってーのとタメ張れまっせ。
 もっちろん、それについての検証や議論なんてこれーっぽっちも出て来ないのも共通ぅー。

 んでもってまずは訴求力のあるシンボルで視覚に訴えることは基本中の基本で、街灯からハーケンクロイツの赤い旗がずらーっと並んで垂れ下がっている様子は、ピンクに変えればどっかの大通りそのまんまに見えちゃったくらい。
 みんなでお揃いのピンクや統一のロゴのはいった服やアイテムを身につけて集団で行進したりアピールするのも、SS(突撃隊)とたいして変わんないし。来年はピンクのSS服とヘルメットでスマイルウォークに出てやろうかしらん。
 そーいやあまりに行進のシーンが延々と続くんで「こいつら演出で同じ人がぐるぐるまわってるに違いない」と思ってたんだけど、よく考えたら夜通しぐるぐる行進するってキャンペーンもありましたなー。うぷぷぷぷぷ。

 灯りを効果的に使った夜のイベントも実に多いこと。おんや〜?、こんな光景ってどっかで見たことあるんだけどどーよ。

[画像]
 極めつけは、ピンクリボンが大好きなライトアップだって、とっくにやってますぅー。ちなみにこれは映画のプログラムにあったヒトラーの誕生日を祝うベルリンのブランデンブルグ門のライトアップだけど…

[画像]
 こんなふー↓に加工したって東京タワーや都庁とずぇんずぇん違和感ねーでやんの。がはははははは。

[画像]
 しっかーし、こんなのは他人の空煮身内のごった煮でいっくらでも言い繕えるけど、実は映像では見えないところでもっと大きな共通点があったのは、長くなったんで次回のココロだー。

ブログランキングなんて目をおおう順位になっていると思ったら意外に健闘していて、これも留守をしっかり守っていただいたおかげと感謝感激〜。引き続きご支援のほどよろしくねっ!→人気blogランキングへ



_ 飯嶋洋治のフリーライターの現場から - 2009/10/13 20:59

日本対がん協会は、組織の概要について、 『財団法人・日本対がん協会は1958年(昭和33年)8月、がんの早期発見や早期治療、生活習慣の改善によって、「がん撲滅」を目指そうという趣旨で設立されました。その前年の日本癌学会総会での提唱がきっかけとなり、朝日新聞社が

_ 飯嶋洋治のフリーライターの現場から - 2009/10/17 22:34

『乳がんは治る病気です。ただ、それには早期発見が治癒の鍵を握ります。日本乳癌学会が乳がん患者の10年間の生存率を調べたところ、超早期のTisと呼ばれる段階では94.72%、しこりや画像診断(超音波・マンモグラフィ)などで病変部を確認できない0期では95.45%。ともに約