ピンクリボン月間に思うこと2009/10/05 19:22

10月1日、ピンクリボン月間が始まりました。
その日、このブログと会のホームページには
普段にはないほど多くの方が訪れてくれました。
「筋のとおったピンクリボンを!」とうったえている立場としては
何かアピールを書いておくべきだったかなぁ。

でも、このブログと会のホームページを立ち上げてから
言いたいことは、くどいぐらい言ってきましたしね。
一生懸命活動している方たちを否定したり
足を引っ張るようなことはしたくないという思いもあって
何もせずにいましたが
今日は遅まきながら、ピンクリボン月間に思うこと
ピンクリボンに望むことを書かせていただきます。

一言でいえば

患者にも優しいピンクリボンであってほしい

それだけです。

ピンクリボンは、乳がんという病についての啓発活動のはず。
検診率さえあがれば目標達成というわけにはいきません。

今、20人に1人が乳がんになると言われています。
100人が検診をうければ、5人の患者が見つかる計算です。
その5人が、こんなはずじゃなかったと
不要な悲しみに暮れることがないよう、配慮してほしいのです。

※10/21訂正:「20人に1人」の数字は、「一生涯で乳がんにかかる人」の割合でした。ですので、単年度で検診を受けて乳がんが見つかる人はもっと少なく、「1万人受診して、乳がんの確定診断を受けるのは23人」だそうです(日本対がん協会HPより)。ここにお詫びして訂正します。

病気が見つかってからの医学的・社会的サポートも検討していただきたい。
乳がんという病気に対する誤解や偏見がなくなるよう
正確な情報を流していただきたい。

以前、ブログにも書きましたが、ピンクリボン運動をおこなう団体のブログに
次のようなコメントがありました。

「仕事の関係上、去年からピンクリボン運動に参加してます。(中略)女性は何時までも女性としていられるためにも「胸」って大事だと思います、事務局の方!がんばってください!」

病気が見つかった患者は、命を守るために
胸にメスを入れてもらい、放射線をあてます。
それを知っていれば、このような言葉は出てこないはず。

なのにいまだに
「女性、母性の象徴でもあるバスト」といった表現が
一部のピンクリボン運動にたずさわる人々によって使われています。

そうではなく
「たとえ胸に傷があろうと、ふくらみがなかろうと
 乳首をなくそうと、シリコンを入れようと、あなたはあなた、輝いている」

励ますような言葉を、ぜひとも発していただきたい。
そういう優しさのある社会なら、患者はずいぶん生きやすくなります。

上記のような無神経な表現に
乳がん患者全体の1%と言われる男性患者も
(がんナビの男性乳がん患者に関する記事はこちら
どれだけ傷ついていることかと思います。

また、「乳がんをなくす○○基金」という表現。
検診率がアップしても、乳がんはなくなりません。患者はむしろ、ふえるのです。
乳がんをなくすことが目的であれば、
治療・予防の研究に今以上に力を入れていただきたい。

これだけ低迷している検診率をあげるには
多少、センセーショナルなやり方もやむをえないという考えには
自分が体験者だからかもしれませんが
正直、どうしても違和感をおぼえます。

ピンクリボンは、今健康な人を対象にした早期発見のための啓発活動であり
しょせん、患者は部外者なのだと思っている人も大勢います。
でもわたしは、これから病気が見つかるかもしれない人が
少しでも気持ちよく治療生活やその後の人生を送れるよう
患者にも優しいピンクリボンが常識になってほしい
そう願っています。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

ブログランキング参加中

ブログランキング

ピーター・クリスさん2009/10/23 13:13

前回更新から、また少し時間が空いてしまいましたが
今、水面下でいろいろと活動・勉強中です。
それはそれで、まとまったらご報告をと思っていますが
9月に書こうとしていた「お金」の話がそのままになっている。
先にそっちを終わらせなきゃっ! と、気持ちばかり焦っていたら
昨日、ロイターの報道が。

米ロックバンド「キッス」のオリジナル・メンバー、ピーター・クリスさん(ドラム)が
昨年、乳がんの手術を受けたそうです。
「キッス」といえば、あの白塗りメークとKISSのロゴが目に浮かびまする。

乳がんが「乳腺」の病気であること、
男性にも乳腺があって、乳がんになる可能性があることは
このブログでも何度か書いてきました。
記事にもある通り、割合としては、女性患者の約100分の1と言われています。
日本で今、年間4万人があらたに罹患するそうですから
単純計算すれば年に400人。

取材に対して、クリスさんは次のように語ったそうな。

胸の異変は自然に消えてしまうと考え、治療を受けようとしない男性が多すぎると話し、「誰にでも起こりうることだ」と強調した

乳がんは女性の病気だという誤解を定着させないためにも

   乳がん=胸(バスト)=女性らしさ、母性

と安易に結びつけるのは間違っていると、あらためて思いました。
なので、くどいですが、もう一度言います。
ピンクリボン活動にかかわる皆さま、

   乳がんとセクシュアリティを結びつけるのはやめてください。

取材にこたえて病気を公表したクリスさんの勇気に拍手を送ります!