先立つ物はカネ2009/09/05 21:39

みなさん、こんばんは。
前回ブログを更新したとき、せめて半月に一度は更新しよう!と思ったのですが
なんとかその目標はクリアしたぞ!

このかん、政権交代を実現させた選挙がありました。
選挙期間中、朝日新聞では
「09政権選択:安全社会のお値段は?」というタイトルで
生活のさまざまな問題を取り上げ
それを解消するのに必要な値段を示していました。

いろいろ興味深い話がありましたが、たとえばこんな(’09.08.24朝日新聞朝刊より)。

■ 困っています
6月、夫が脳出血で倒れた。最初の病院は専門医が不在で、数十キロ離れた病院へ転送された。着いたのは倒れてから3時間後。夫は助からなかった。近くに専門医がいてくれたら。

医師を増やすために医学部定員を1.5倍にするには
国民1人あたり年に1881円の負担が必要だそうです。

ほんと、先立つ物はカネ。
何をするにも、お金が必要になります。

というわけで、これからしばらくお金の話を取り上げようと思います。
資金調達と寄付について。

これ、ずいぶん前から気になっていたトピックなんですが
きっかけは、昨年末に朝日新聞に掲載された記事
「乳がんとたたかう ――日米のピンクリボン運動」です。
上下2回にわたり、アメリカと日本のピンクリボン運動について詳しく取り上げていて
このブログでも、今年3月7日に書いた「あれから1年」でご紹介しました。
アサヒコムではすでに削除されていますが、「魚拓」がありますので
まだお読みでない方はリンク先をご覧ください。
上:アメリカ編は◆こちら◆
下:日本編は◆こちら◆

ここにはさまざまな驚くべき数字が紹介されていました。
たとえば、アメリカの「スーザン・G・コーメン」の年間予算が約200億円であること。
「世界最大の乳がん啓発団体」として紹介されていますが
それにしてもすごい額です。

日本対がん協会の2007年度事業活動予算は約7億円
ほほえみ基金の2008年度活動支出は約6400万円です(いずれも協会HPより)。
乳房健康研究会の2007年度の予算規模は約7000万円(上記記事中より)。

参考までに、アメリカの総人口は3億人、日本は1億3千万人弱。

う~~ん。この差はいったい……?


また、少し前に「元気に見えても辛いカラダがあります」
HOPEプロジェクトの桜井さんが書かれたレポートをご紹介しました。
今年の5月、「NBCC:全米乳がん連合」の姉妹団体のカンファレンスに
参加なさった時のレポート「米国でアドボカシー・トレーニングを体験」で
全6回にわたってがんナビに連載されました。
カンファレンスでは、最後にチームに分かれて
議員へのロビー活動を行ったそうですが
その政策目標は次のような内容だったそうです(元記事は◆こちら◆)。

・目標1:すべての人に対する良質な医療の保障
・目標2:国防総省予算から、乳がん研究プログラムに1億5000万ドル(約150億円)の供出
これには口があんぐり。2009年度の日本のがん対策予算は厚生労働省関連で約237億円。文部科学省関連、経済産業省関連を含めた3省合計で 523.5億円だ。(厚生労働省・第9回がん対策推進協議会資料より)。乳がんの研究プログラムだけに150億円という目標に、腰が抜けそうでした。

金額にも、それだけの額を要求していこうという組織力にも、びっくりです。

アメリカには「寄付文化」が根付いているから、という話はよく耳にしますが
寄付文化が根付いているとは、どういうことなのか?
日本と何が違うのか?
そういったことについて何回かにわたって考えてみたいと思います。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

半月に一度というゆる~~い目標でお恥ずかしい限りですが
なんとか目標を達成できた自分へのほうびに
ブログランキングへのリンクを貼らせてもらおうっと♪
(署名期間中は、ちょっとしたミスに気づかず貼れなかったの、グッスン)
ポチっとよろしくです。

ブログランキング

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://pink-accountability.asablo.jp/blog/2009/09/05/4564516/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。