テレビ番組情報2009/07/26 12:44

今日の千葉地方は晴れ! 夏らしいお天気です。

あすとあさって、NHKの「クローズアップ現代」
がん関係の気になる話題が取り上げられます。

NHK クローズアップ現代
総合/デジタル総合 午後7:30~7:58
BS2 翌日午前0:10 ~ 午前0:40

以下、番組紹介サイトより

7/27(月) シリーズがん(1)
「子どもに自分の“がん”を伝えられない(仮題)」

30代~50代の"子育て世代"で乳がん患者などが増加。このことで新たな「告知」の問題が生じている。「自分がガンであることを子どもに言えない」「どう伝えればいいのか」と悩む親の患者が増えているのだ。ガン=死というイメージがあり、子どもが受け入れるには重すぎるという考えが背景にある。しかし情報を伝えないことで子どもが疎外感を感じ、親が亡くなった場合、長く心の傷になるという実態も明らかになっている。そんな中、子どもにも事実を伝えていくべきだと、医療関係者が今年3月プロジェクトチームを立ち上げた。しかし参考にしたアメリカの様に「病名」をはっきり伝えるのは日本には合わないのではないか、議論が続いている。日本の親子関係にあった、子どもへの伝え方はどうあるべきか、がんに関わる新たな問題の解決策を考える。

7/28(火)  シリーズがん(2)
「仕事を失うがん患者たち ~がん患者1200人のアンケート~(仮題)」

“がん患者の3人に1人が仕事を失っている”。今回、全国1200人のがん患者に行ったNHKのアンケートで明らかになった実態だ。治療が長期に及ぶがん。なかでも20代~40代の働き盛りの人たちにとって、がん治療と仕事の両立が大きな課題となっている。休職期間が足りず退職を余儀なくされるケースや、職場復帰したものの後遺症に苦しみ、周囲の理解をえられないまま退職するケース。さらに、がんは克服したが再就職先がみつからないなど、がん患者を取り巻く環境は厳しい。治療技術の進歩により、がんが不治の病ではなくなるなか、患者たちが、安心して働き続けるには何が必要なのか考える。


火曜日の「がん患者の就労問題」のベースとなっているのは
前回ご紹介したHOPE★プロジェクトの桜井さんが中心となり
キャンサーネットジャパンの事務局長・柳澤さんらと
去年(2008年)取りまとめられた調査です。
◆こちら◆に、がん患者の就労に関する提言書などが掲載されています。
興味のある方、ぜひご覧下さい。

コメント

_ みちばば ― 2009/07/26 17:07

 テレビ番組情報、ありがとうございました。
 その病気ならではの悩みはそれぞれに持って
いますから マスコミで多方面から取り上げてもらうのは
ありがたいです。
 先日は名前を記入するのを忘れていました。
  ごめんなさい。

_ てらだ ― 2009/07/26 18:58

みちばばさん、再度ご丁寧にありがとうございます!

確かに、同じがんでも部位が違うといろいろと事情が違い、知らないことがたくさんあります。もっと勉強していかなきゃと思います。
また、今回の番組は、医学情報をこえて、がんの経験者が社会で生きていくにあたって、多くの人がぶつかりうる問題を取り上げているところに注目しています。

ところで、みちばばさんのブログ、お写真が本当にきれいでおいしそうですね! わたしも病気をしてからあれこれ手作りするようになりましたが、まだまだ修行が足りません。こちらからもまたお邪魔しますので、どうぞよろしくお願いします <(_ _)>

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://pink-accountability.asablo.jp/blog/2009/07/26/4458204/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。