広がれ、医療用かつらサポートの輪2009/06/29 21:37

暑い夏がやってきました。
医療用かつらを使っている人たちには、ちとつらい季節です。
蒸れますからねぇ。

抗がん剤の副作用による脱毛は、わたしも治療中経験しました。
人生初の経験ですから、やはり心の動揺は大きかったです。
自分の頭の形をはじめてとくと眺められたとか、
寝癖はつかないし、シャンプーなんて石けんでちょちょいで終わりだし
なかなかラクチンだとか、嫌なことばかりではないんですがね。
でもやっぱり、出掛けるのがおっくうになったり
来訪者や近所の人の目を気にしたり、ブルーになりがちでした。

最初は、内帽子といって
かつらの内側にかぶるネットのようなものに
ぐるりと付け毛が付いているものをかぶり
その上から帽子をかぶる形で通そうかと思っていました。
でも、家の中でず~~っと帽子をかぶっているのは、やはり不自然。
結局、ネットで医療用のかつらを買って、使っていました。

「医療用」というのは
普通のかつらより、肌に触れる部分がソフトに出来ているほか
脱毛で髪が減っていったり、逆に生え始めて増えたりといった
ボリュームの増減に対応して、サイズ調整ができるタイプを指すようです。

この医療用かつらを、患者が気持ちよく使えるように
さまざまな動きが広がっている様子。
今日はそれについてちょっとご紹介します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

わたしは抗がん剤の治療を受けると決まったとき、東京青山にある
VOL-NEXTの「がん患者サービスステーションTODAY!」を訪ねました。
サイトは◆こちら◆
ここでは、各社のかつらを試着できるんです。
かつらの基本的な知識も、スタッフの方が教えてくださって
とても参考になりました。
ほかにも下着や帽子など、患者に便利なグッズがいろいろ揃ってます。

医療用かつらを扱っている店は数多くあるのですが
好みに合わせてカットしてもらったり、メンテナンスも頼みたいなど
サービスにこだわればこだわるほど、非常に高価。
そんななか、キャンサーネットジャパンでは、かつらのレンタルを行っています。
サイトは◆こちら◆
利用日数に応じて必要な期間だけレンタルでき
スタイリストさんがカットしてくれたりもするそうで
なかなか便利そうです。

また、キャンサーリボンズでは、先日新聞にドドンと全面広告が出ていましたが
P&Gパンテーンとタイアップして「キレイの力」プロジェクトというのを始めたそうです。
キャンサーリボンズのサイトは◆こちら◆
プロジェクトのサイトは◆こちら◆
プロジェクトの柱となるのが、パンテーン製品を1つ購入するごとに
2円がこの活動に寄付されるというチャリティ。
7月~10月の出荷商品が対象で、
目標(上限)2000万円と明記されているあたりは
きちっとしているなという印象を受けます。
このお金で、医療用かつらメーカーのスヴェンソンがかつらを作り
キャンサーリボンズが募集した患者に贈るというものだそうです。



さらに今日、知人たちがやっているNPO法人
「ヘア・エピテーゼ協会」が、読売新聞で大きく紹介されました。
記事は◆こちら◆
協会のサイトは◆こちら◆
ヘア・エピテーゼ協会は、美容師さんたちがメンバーの協会で
自分たちの持っているスキルを世の中のために役立てたいと
医療用かつらの扱いや、患者との接し方などを学んだ上で
それぞれのお店でかつらを取り扱ったり
患者の希望に応じて出張サービスをしてくれます。

わたし、個人的にはこの動きがとってもうれしいんです。
がんを告知されて抗がん剤治療をすることになり、脱毛するとわかったとき
専門のかつら店に行くのも、大きな安心感が得られると思いますが
家の近くの、日頃から知っている美容師さんが
かつらの相談にのってくれたり、カットしてくれたら
どれだけ心丈夫だろうと思って。
それは、2、3人に1人が、がんになると言われる時代
がんという病気を身近にとらえて、地域で支えていく動きにつながる気がするんです。

まだまだ会員数は約100人と小規模ですが
これからどんどん、どんどん、どんどん輪が広がってほしいです!

コメント

_ てらだ ― 2009/06/30 17:20

そうそう、夏目雅子さんの「ひまわり基金」を忘れていました。
白血病で亡くなった夏目さんのお母様が立ち上げられた任意団体です。
http://www.himawari-kikin.com/top.php

以下ホームページ「基金の流れ」より。
--「夏目雅子ひまわり基金」では、かつらの無償貸与を行うと同時に、利用後のかつらに滅菌・消毒・クリーニング・修繕を施し、再度かつらを無償貸与する活動を実施しております。

_ 医療用かつら ― 2010/05/12 18:29

格安で安心の医療用かつらのウィッグショップです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://pink-accountability.asablo.jp/blog/2009/06/29/4402246/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。