お久しぶりです!2009/06/01 00:26

皆さん、こんにちは (^o^)/
前回ブログを更新してから、3ヶ月近くたってしまいました!

こんなに間をあけるつもりはなかったんですが
公私ともに忙しくしておりまして……。
いや、主に「私」です。
遊んでたから、仕事も首が締まって忙しかった、という次第。

ほんと私事ながら、新型インフルが世界を、日本を震撼させたこの5月
26年ぶりに(!)アメリカへ旅行に行ってきました。
幸いウィルスをキャッチすることもなく帰ってきましたが
万一に備えていろいろ段取りして行かなきゃならなかったし
行ったら行ったで、楽しいんだけど、年でしょうかねぇ
時差ぼけのせいか、緊張のせいか、なかなか眠れず疲れました~~。
帰ってきたあとも、1週間、保健所に健康観察の報告を続けつつ
(北米へ行った人には全員頼んでると言われましたがホント…?)
激しい睡魔と戦いながら、仕事に追われていました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

そんななか日本では、9日から『余命1ヶ月の花嫁』が封切られ、
公開から15日間で観客動員数が120万人を超えたそうです。すご。
公開11日間で120万人を突破した『天使と悪魔』に迫る勢い。
せめて予告編だけでもと、公式サイトをチェックしました。
複数バージョンありますが、すべてに共通しているらしい台詞が2つ。
まず「昼間は何してんの?」という問いに対する
  「んー……。生きてる」
ひょえ~、ドキュメンタリー版の千恵さんにそっくりで、ビックリでした。
もう1つが

  「ごめんね、がんになんかなって」

です。……う~ん。

予告編では、太郎さんに向けて言ったような編集になっていますが
本編中ではお父様に向けて言われた台詞だと聞きました。

ドキュメンタリー版にこの台詞があったかどうか、よく覚えてないのですが
いずれにせよ、この台詞って
  「そんなことないよ、○○は悪くないんだから」
と言ってもらいたい気持ちがあって、口にするんだと思います。
  「そうだよ、お前が悪いんだよ!」
なんて言われそうな空気がチラリとでもあったら、怖くて言えません…!
そう考えると、この台詞は
「悲劇のヒロイン」な気分の時に発せられる言葉だと言えるんじゃないでしょか。

いや、だからって、それが悪いなんて言うつもりはありません。
そもそも人間なんて、自分を哀れんだり、いじけたり
いろんな思いにとらわれるのが常。
わたしも26年前なら、身近な誰かに「ごめんね」とつぶやいていたことでしょう。

でも術後2年で現在48歳のわたしは
人間、悲劇のヒロイン的気分に浸ってたって、あまりいいことはないぞと思ってます。
そんな気分に浸っているより、できることを1つ1つ片付けていくほうが大事だし
そのほうが自分もまわりもラクになると思って
日々、それなりに頑張ってるつもり。
だからわたしにとってこの台詞は、「痛いなぁ」という思いはあっても
正直、共感して涙するような類のものではありません。

千恵さんだって四六時中、悲劇のヒロインをやってたわけじゃないと思う。
きっと日常の時間の中で、ぽろっと口にした言葉だったんではないでしょうか。

ところがそれが、彼女の日々を題材にした映画のキャッチコピーになっている。

キャッチコピーというのは、商品を広く売り出すにあたって
売る側が「一番のウリはココなのよ!」と選び抜いたエッセンスのはず。
そのエッセンスにこの台詞が選ばれたということは
製作者側は彼女を「悲劇のヒロイン」として描きたがってるんでしょうね。
映画作品ですから、好みの問題と言えばそれまでですが
実在の人物を題材にした作品で、その方向性へ持って行くところに、
安直さを感じてしまいます。

そしてさらに、そんなとってもウェットな映画が
乳がんの啓発活動、早期発見活動と、からめられているという事実。
理由はなんであれ、一人でも多く、検診を受けてくれればそれでいいのだという
考え方もあるかもしれませんが。

悲劇のヒロインを描いた映画をきっかけに
乳がん検診に関心を持ってもらおうというウェットな啓発活動と
明るく華やかに、ネガティブなイメージを払拭することを目指した
朝日新聞ピンクリボンフェスティバル事務局の活動は
正反対のようでいて、多くの患者・体験者の日常から解離している点では
非常によく似ているように感じます。
もうそろそろ、キャッチーな方法で啓発活動を推進するのは
やめてもいいんではないでしょうか。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

これについては事務局さんも、まさにそのようにお考えの部分があるようで、
すでに皆さんご存知かもしれませんが
朝日新聞ピンクリボンフェスティバル事務局は
2010年から日本対がん協会内に移されるそうです。

フリーライターの飯嶋さんのブログで知りましたが
日経ビジネスONLINEに中西さんのインタビュー記事が出ていて
その中で語られています。

これまではピンクリボンのメッセージを広く世に伝えるために
「空中戦」を展開してきたけれど
これからは「A県のB子ちゃんの検診はどこで受けたらいいのか」
ということまでケアできるように
各都道府県に支部を持つ日本対がん協会が、自治体などと協力して
「地上戦」を展開していく、という構想のようです。
が、朝日新聞社も活動は続けていくとのこと、
今後どうなるのか、注目したいと思います。

いやはや、久々なもんで長くなりました。
読んでくださってありがとう!

広がれ、医療用かつらサポートの輪2009/06/29 21:37

暑い夏がやってきました。
医療用かつらを使っている人たちには、ちとつらい季節です。
蒸れますからねぇ。

抗がん剤の副作用による脱毛は、わたしも治療中経験しました。
人生初の経験ですから、やはり心の動揺は大きかったです。
自分の頭の形をはじめてとくと眺められたとか、
寝癖はつかないし、シャンプーなんて石けんでちょちょいで終わりだし
なかなかラクチンだとか、嫌なことばかりではないんですがね。
でもやっぱり、出掛けるのがおっくうになったり
来訪者や近所の人の目を気にしたり、ブルーになりがちでした。

最初は、内帽子といって
かつらの内側にかぶるネットのようなものに
ぐるりと付け毛が付いているものをかぶり
その上から帽子をかぶる形で通そうかと思っていました。
でも、家の中でず~~っと帽子をかぶっているのは、やはり不自然。
結局、ネットで医療用のかつらを買って、使っていました。

「医療用」というのは
普通のかつらより、肌に触れる部分がソフトに出来ているほか
脱毛で髪が減っていったり、逆に生え始めて増えたりといった
ボリュームの増減に対応して、サイズ調整ができるタイプを指すようです。

この医療用かつらを、患者が気持ちよく使えるように
さまざまな動きが広がっている様子。
今日はそれについてちょっとご紹介します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

わたしは抗がん剤の治療を受けると決まったとき、東京青山にある
VOL-NEXTの「がん患者サービスステーションTODAY!」を訪ねました。
サイトは◆こちら◆
ここでは、各社のかつらを試着できるんです。
かつらの基本的な知識も、スタッフの方が教えてくださって
とても参考になりました。
ほかにも下着や帽子など、患者に便利なグッズがいろいろ揃ってます。

医療用かつらを扱っている店は数多くあるのですが
好みに合わせてカットしてもらったり、メンテナンスも頼みたいなど
サービスにこだわればこだわるほど、非常に高価。
そんななか、キャンサーネットジャパンでは、かつらのレンタルを行っています。
サイトは◆こちら◆
利用日数に応じて必要な期間だけレンタルでき
スタイリストさんがカットしてくれたりもするそうで
なかなか便利そうです。

また、キャンサーリボンズでは、先日新聞にドドンと全面広告が出ていましたが
P&Gパンテーンとタイアップして「キレイの力」プロジェクトというのを始めたそうです。
キャンサーリボンズのサイトは◆こちら◆
プロジェクトのサイトは◆こちら◆
プロジェクトの柱となるのが、パンテーン製品を1つ購入するごとに
2円がこの活動に寄付されるというチャリティ。
7月~10月の出荷商品が対象で、
目標(上限)2000万円と明記されているあたりは
きちっとしているなという印象を受けます。
このお金で、医療用かつらメーカーのスヴェンソンがかつらを作り
キャンサーリボンズが募集した患者に贈るというものだそうです。



さらに今日、知人たちがやっているNPO法人
「ヘア・エピテーゼ協会」が、読売新聞で大きく紹介されました。
記事は◆こちら◆
協会のサイトは◆こちら◆
ヘア・エピテーゼ協会は、美容師さんたちがメンバーの協会で
自分たちの持っているスキルを世の中のために役立てたいと
医療用かつらの扱いや、患者との接し方などを学んだ上で
それぞれのお店でかつらを取り扱ったり
患者の希望に応じて出張サービスをしてくれます。

わたし、個人的にはこの動きがとってもうれしいんです。
がんを告知されて抗がん剤治療をすることになり、脱毛するとわかったとき
専門のかつら店に行くのも、大きな安心感が得られると思いますが
家の近くの、日頃から知っている美容師さんが
かつらの相談にのってくれたり、カットしてくれたら
どれだけ心丈夫だろうと思って。
それは、2、3人に1人が、がんになると言われる時代
がんという病気を身近にとらえて、地域で支えていく動きにつながる気がするんです。

まだまだ会員数は約100人と小規模ですが
これからどんどん、どんどん、どんどん輪が広がってほしいです!