会の名称をあらためました2008/12/30 14:45

みなさん、こんにちは。
月日のたつのは早いもので、もう2つ寝ると、お正月でございます。
すっかりごぶさたしてしまいましたが
水面下でちびりちびりと活動を続けております。

今日はホームページを大幅に更新するとともに
会の名称を
「『グラマラス』の乳がん撲滅チャリティ・ヌードに抗議する会」から

「ストライプ・リボンの会」

にあらためました。

1月中旬に署名活動の概略を伝える「お手紙発送プロジェクト」を敢行予定で、
その関係もあっておこなったホームページの更新と会の名称変更です。
(ああ、ぎりぎり年内に間に合って良かった…!)

以後、どうぞお見知りおきを <(_ _)>


手紙の発送先は、現在整理中ですが、150~200ヵ所に達する見込みです。
中には封も切られずゴミ箱へ直行というケースもあるかもしれませんが、
何人かはホームページやブログや掲示板を見に来てくれるかもと期待しています。
それまでにいくつかブログに記事を更新し
掲示板にもネタを書き込みたいと思っています。

なお、「お手紙発送プロジェクト」にあたって、切手のカンパを受け付けます。
署名期間中にも複数の方が切手をカンパしてくださいましたが
資料・お知らせの発送に、すでに使い切ってしまいまして……。
発送先の件数が確定し次第、あらためてお知らせしますので
ご協力のほど、よろしくお願いいたします <(_ _)>

コメント

_ (未記入) ― 2009/01/10 09:31

いつもひっそり拝見しています
自分ではできないことを率先して行動していただき感謝に堪えません。

という気持ちを切手のカンパにしてお届けいたしましたが
もうお正月気分も落ち着いた頃ではありますが
いまだに届いたというご連絡はいただいていません。
カンパや支援には報告は無用とお考えなのでしょうか?

何も直接連絡がほしいとは思いません。
せめてブログでこういうことがあった、という報告はできませんか?
あとでまとめて?それでは各団体と同じですよね?
何のためにブログをアップなさっているのでしょうか?
抗議、文句を言うためですか?

そもそも各団体に寄付金の使途が不明と質問をする以上
自らの襟を正し自ら率先して行動することが最も優先されると思います。
いくら個人の活動とはいえ、人さまの行動に意見をし、人さまの支援を求めるのであれば
まず隗より始めることが求められるのではないでしょうか。
言い訳無用の非常識な言動と批判されてしかるべきと思います。

私たち患者はその治療費に大変な出費を強いられています。
また、世代的にも家族にお金のかかる患者が多く、それでも貧者の一灯としてなんとか筋の通った世の中であってほしいと願っての支援です。
その誠意に対し、無視あるいはもらって当然、一言の連絡も不要とおもっていらっしゃるのであれば
これは正直あまりにも不愉快です。

騙された私が愚かだったのかもしれません。
しかし、多くの詐欺が自分に利を得ようとしてだまされていることを思うとき
たかだか少額な支援とはいえ1円たりとも無駄にできない自分たちの生活に、私は責任を取る必要があります。

てらださま
あなたが今までに集めた支援は一体いくらでそうお使いになったのか、明確になさってください。
でなければあなたもあなたが批判する各種団体と全く同じである、それをご理解ください。

なお、このうように意見すると狂信的妄信的支援者の方々から
すさまじい批判を浴びることは覚悟の上です。
しかし、それでも通す筋を通すことの方が絶対に正しいということをどうしても伝えたくてメールしました。
ぬるま湯に浸りある狂信的支持者と自己陶酔に似たるのか
さもなくば、本当に一歩でもよりより社会に近づくべく
行動なさるのか、
微々たる支援とはいえ財布のひもを緩めた私にはお答えを求める権利があると思っていますので
どうぞよろしくお取りはからいください。

_ H.はな ― 2009/01/10 09:35

すみません、内容確認をしてから名前・アドレス記載しようとして
間違って送信ボタンを押してしまいました。
直前の名なしのコメントは私です。
抗議のメールに名前をつけず送信してしまい、申し訳ありません。
末梢が麻痺しているので、本文中にも誤字入力などがあると思います。
割り引いてお読みいただけると幸いです。

というか、このコメント欄、確認後修正できないんですね・・・(涙)

_ てらだ ― 2009/01/11 01:56

H.はなさん
切手のカンパをお送りくださったとのこと。ありがとうございます!
ご指摘のとおり、まだ確認できていません。申し訳ありません。
切手のカンパについては、送付件数が確定してから正式にお願いしようと思っていたため、年が明けてからまだ私書箱にはチェックに行けていません。でも、ブログに上記のように書いたのですから、送ってくださった方がいても当然ですよね。本当に申し訳ない。週明けすぐにでもチェックにまいります。
言い訳になりますが、活動は仕事をしながら行っており、私書箱は日常通らない町の郵便局にあるため、署名活動が一段落した今、とても毎日はチェックに行けない状況なのです。今回手紙発送プロジェクトを行うにあたって、またしばらく週に何度かは通わねばとは思っておりましたが……。

それと、
「そもそも各団体に寄付金の使途が不明と質問をする以上
自らの襟を正し自ら率先して行動することが最も優先されると思います。 」とのご指摘
ごもっともだと思います。
署名期間中の郵送料関係についてご報告すると、
 ・いただいたカンパ:50円切手・80円切手等合わせて2650円分
 ・購入した切手:80円切手で1600円分
で、厳密にはすべて使い切ったわけではなく、
50円切手が4枚と80円が1枚残っています。
また、ほかにメール便代が5440円かかっています。

今回の「手紙発送プロジェクト」は、
上記の残り、切手280円分をスタートとし、
送っていただいたカンパ、使用した分を報告してまいります。
対応が後手後手にまわったこと、重ねてお詫びいたします。

_ てらだ ― 2009/01/11 01:58

H.はなさん
ほんとだ。このコメント欄、前は「戻る」ボタンで修正できたように思うのですが、修正できませんね。
署名活動終了後、エッチ系のコメントがあまりに多いため、確認後、公開するように設定を変えたせいかもしれません。
ご不便をかけて申し訳ありません。

_ てらだ ― 2009/01/12 00:03

H.はなさん
郵便局の私書箱が並んでいるスペースは、週末もATMの機械が利用できる時間であれば立入可能だったことを思い出し、今日、行って参りました(署名期間中は金曜日にチェックしたあと、次にチェックするのは新たな郵便物が届く可能性がある月曜日で、週末に確認に行ったことがなかったため、ゆうべは思い至りませんでした。私書箱の郵便物を登録住所まで届けてくれるようなサービスがあると助かりますが、それでは現状のように無料で私書箱を提供することはできないでしょうね…)。
そして無事、H.はなさんが送ってくださったお手紙を確認しました。治療で大変ななか、たくさんのカンパをお送りいただいて、本当にありがとうございます。<(_ _)>
別途、お手紙をお送りしますので、今しばらく到着をお待ちください。

_ H.はな ― 2009/01/12 08:37

てらださま
怒りにまかせた突っかかったようなメールに、誠実に対応してくださって、本当にありがとうございました。
ご無礼を承知で申し上げれば、どんな対応が戻るかとても興味があったのです。
それによって、この動きが本物かどうかを判断できるだろう、と。

素人の方の誠実な取り組みであることがよくわかりました。
素人 というのはいやみや卑下ではなく、当たり前の一生活者、という意味です。
こういう運動に手慣れた人って、口もうまいし小手先もうまく使いますからね。

何より切手とはいえ金券類なので、無事お手元に届いたことにとても安心しています。ぜひお役立て下さい。

また、こういう性格ですので、物事のいいか悪いかを表面だけではとらえないという、けったいな感覚をもっています。
(ちょっと手紙にも書きましたように ヤクザいしさんがたとバトルしてみたり・・笑)
こちらに集われる方は大丈夫だとは思いますが
女性は往々にして信じ込んだら盲目的、たとえ修正すべきことがあったとしても
それを平気で無視してヒステリックに支持するという悲しい習性を持つ方が多いことをあちこちで散見します。
(それがいやで私は患者関係のグループには一切かかわらないことにしています)

今回のように批判に率直に耳を傾けていただけたことは
本当にうれしい限りです。そして、すぐに対応してくださったことにも心から御礼申し上げます。
ありがとうございました。
そしてたくさんの失礼をご容赦ください。

_ てらだ ― 2009/01/12 22:43

H.はなさん
再度コメントをいただき、ありがとうございました。
素人が、インターネットという便利ではあるけれども、ともすれば全体を見失いがちなツールを使って、能力以上のことをおこなっている活動ゆえ、至らぬ点が多々あり、申し訳ありません。
今回こうして貴重なご意見をいただいたこと、心から感謝しています。
あらためてカンパ受付の件を含め、プロジェクトの状況について記事をアップしますので、ご覧ください。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://pink-accountability.asablo.jp/blog/2008/12/30/4033313/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。