ホルモン治療2008/07/26 09:16

しかし暑いですね~。
皆さん、しっかり汗をかいて水分補給していますか?

さて、昨日もたくさんの署名が届きました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

7月25日現在、集まった署名の数は、

306筆!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
署名受け取り連絡:7月25日、広島県・“リンダ他、大勢の皆さん”さん 
確かに受け取りました。ありがとうございました <(_ _)>
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
署名開始当初は、知っている方からの署名がほとんどだったのですが
だんだん、見ず知らずの方からの署名が増えてきました。
どこで、誰から署名のことを聞かれたのかなぁと想像してみたり。
「いろいろ立場があって署名自体には協力できないけれど
思い切って活動を始めたこと、立派だと思います、こちらはこちらで頑張ります」と
わざわざ電話や手紙をくださった方もおいでです。
どれだけ励まされたことか。
本当にありがとうございました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

今日は抗がん剤治療とならぶ、もう1つの全身治療、ホルモン治療について。
乳がんには女性ホルモンをエサとして成長するタイプの腫瘍が比較的多くあり
その場合におこなうのがホルモン治療です。
閉経前・閉経後で治療方法は変わってきますが
閉経前の女性では、大きく分けて2つの治療法があります。
1つは女性ホルモンが分泌されないように注射を打つ方法で
通常2年間治療をつづけます。
要するに薬によって「更年期を前倒し」するような状態です。
最初聞いた時は、そこまでするのかー!とビックリしました。
もう1つは女性ホルモンのふりをしてがん細胞に先に取り付き
成長を阻害するとされる薬(一般名タモキシフェン、トレミフェン)をのむ方法で
通常5年間服用します。
わたしは抗がん剤でしばらく生理がとまったせいもあって
注射は省略し、タモキシフェンだけ1日1錠のんでいますが
幸い、これといった副作用は感じません。
ですが、周囲のがん友さんを見ていると
若い方ほど副作用がきつく出るように思います。
ホルモンバランスが崩れ、さまざまな更年期様症状が出ることとなり
体調面だけでなく精神的にも不安定になりがちです。
女性ホルモンをおさえこむことで、骨粗鬆症にもなりやすくなります。
しかも治療期間は何年間にもおよぶのです。
女性ホルモンをおさえるのですから、治療中は当然、妊娠できません。
ホルモン治療は、一般に抗がん剤よりラクと言われます。
確かに短期集中型の激しい副作用はないかもしれませんが
場合によってはホルモン治療のほうが精神的にも影響が大で
はるかにつらいのではないかとわたしは思います。

費用ですが、わたしが飲んでいるタモキシフェンは
ジェネリックで安めの、商品名「タスオミン」というものです。
8週間分でおよそ4,900円(3割負担分・再診料等は抜きで)。
これを5年間飲み続けると、およそ16万円かかることになります。
女性ホルモンをおさえる注射のひとつ、ゾラデックスは
2年間の治療で計42万円ほどかかると聞いています。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
人気ブログランキング参加中。
1日1クリック、どうぞよろしくお願いします。

――――――――――――――
 > 今日も応援ありがとう! <
  ――――――――――――――



初めてこのブログにいらした方へ。
「NPOブログ記事の読み比べ評価!」という一覧に当ブログが紹介されています。
読者の投票でGood!と評価されると上位に表示される仕組みです。
おかげさまでずっと上のほうの表示順位をキープしています。
まだポチッていない方はどうぞご協力ください。
◆こちら◆の一覧から投票ねがいます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://pink-accountability.asablo.jp/blog/2008/07/26/3651363/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。