病気の発見2008/07/16 09:45

乳がんに関する話のつづきです。

今日から治療の話をと思いましたが
その前にもうワンステップ、大事なことを忘れていました。
病気の発見と告知です。

現在、乳がん検診で病気が発見される人は2割
残りの8割は自分でしこりをみつけて病院に来る人だそうです。
ごく小さいしこりを自分でみつける人もいますが
通常、自分でわかるようになるころには、腫瘍径が20ミリを超えているとか。
わたしも自分でみつけましたが、22ミリでした。
山田邦子さんが言っていた、「豚まんの中に梅干しの種」、まさにそのもの。

◆追記
これはわたしの腫瘍のタイプによるところが大です。
腫瘍のタイプが異なると、触った感じも変わるようですし
すべてが「豚まんの中に梅干しの種」とは限りませんので、ご注意を。
(2008年7月17日)

検診やセルフチェックを怠っていたダメダメなやつなので
偉そうなことは言えないのですが
早くみつかれば、その分、転移のリスクがさがり
治療がラクになる可能性がぐんと高まります。
皆さん、セルフチェックに検診、しましょうね。

乳がんの検診・検査で使われる機械には
「マンモグラフィー(乳房X線撮影)」と「エコー(超音波)」の2種類あります。
マンモは40代以下の若い女性だと乳腺が発達していて
腫瘍が写りにくいケースが多いといいますが
マンモでないとわかりづらい腫瘍もあるとか。
一方でマンモは一応「放射線」ですから
検査のしすぎは危険だという指摘も一部であります。
医学的な細かいことはわたしにはわかりませんが
早期発見の大切さをとなえる啓発事業でも
安全で確実な検査について、きちんとした情報が充分に提供されるよう
祈っています。

画像検査と触診で異常がみつかると
「細胞診」や「針生検」で一部を採取して検査します。
わたしの主治医は、触診の結果悪性度が高いとみて
初診の日にマンモ、エコー、針生検をやってくれました。
初診料を入れてその日かかった費用は、12,640円と記録しています。
このブログは、患者でない人も大勢みてくださっているので
医療保険の見直しにでも役立てていただこうかと
かかった治療費の概算もわかる範囲で書いてみるつもり。
あくまで2007年千葉県田舎地方価格ですが、ご参考までに。

採取した組織は病理検査にまわされ、1週間ほどで結果がでます。
これを待つあいだがつらいんですよね。
そしてがんであると判明すると、告知がおこなわれます。
それについては次回にまわすとして、セルフチェックについてもう少し。
今回、患者会の方々とお話するなかで
「中学・高校の保健体育の時間に、自己検診のやり方を教えるべきだ」とおっしゃる
大先輩にあたる患者さんがおいででした。
名案ですよね。早く実現するといいのですが。

さらに、最近知ったのですが
子宮頸がんはごく早期に異常をみつけることができ、「予防」が可能とか。
しかも欧米ではすでにワクチンが承認されているそうです。
子宮頸がんのピーク年齢は、乳がんよりさらに若く、2、30代とのこと。
乳がんのセルフチェックと合わせて
ぜひ十代のうちに基本的な正しい知識を伝えてほしいと思います。
参考
 ・ウィキペディア「子宮頸癌」
 ・NPO法人オレンジティ(女性特有のがんのサポートグループ)

◆追記
その後知りましたが、乳がんのセルフチェックについては、たとえきちんとやり方を指導しても、死亡率を下げる効果はないとされています。ランダム化比較試験を行った結果、本当はがんでないのにがん?と疑われたり、良性の腫瘍なのに生検を受けたりといった偽陽性ばかり増えて、乳がんで亡くなる人は減らなかったそうです(詳しくはこちらのコクラン・レビューをご覧ください http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0006/4/0006_G0000100_T0002897.html )。
ですがこれは何も、「胸に触るな!」という意味ではありません。生活の中で胸に触れたとき、なんらかの異常を自覚したら、検診を待たず、すぐに乳腺外科を受診されるよう、お勧めします。正しいがん検診を正しく受けて、早く病気を発見することも大切ですが、何より大切なのは、自分の身体をいたわり、異常を感じたときは放っておかず、怖がらず、病院へ行ってみることです。
(2010年5月17日)

――――――――――――――――――――――――――――――――――
人気ブログランキング参加中。
1日1クリック、どうぞよろしくお願いします。

――――――――――――――
 > ここをポチッとよろしく <
  ――――――――――――――



初めてこのブログにいらした方へ。
「NPOブログ記事の読み比べ評価!」という一覧に当ブログが紹介されています。
上のほうの表示順位をキープできるとうれしいので
まだポチッていない方はご協力ください。
読者の投票でGood!と評価されると上位に表示される仕組みです。
◆こちら◆の一覧から投票ねがいます。

コメント

_ てらだ ― 2008/07/16 17:29

天然水についてコメントくださった方
このブログでは特定のサプリメント、代替治療製品をすすめる行為はしたくないので、申し訳ないですがコメントは非公開とさせていただきました。
あしからずご了承ください。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://pink-accountability.asablo.jp/blog/2008/07/16/3629874/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。