他分野の団体の報告例2008/07/11 05:53

暑くなってきましたねー。
実はわが家、クーラーなしで夏を迎えて5年目です。
人間よりパソコンがどうにかなりそうで
毎年、「やっぱりクーラー買おうか」と言いつつ
恐ろしいほど室温があがるのは、毎年せいぜい2、3日。
都会とちがって夜はけっこう気温が下がるので、なんとかなっちゃっています。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

寄付金を受け取る団体の報告に関する話の続きです。

日本対がん協会も、乳房健康研究会も
情報開示がたりないのではないかと思えてなりませんが
おそらく両者とも法律に反しているわけではないのでしょう。

しかし法的な義務はなくとも、もっと情報を公開するべきではないでしょうか。
実際、国際貢献など、人々からの寄付金を活動資金としている他の分野のNPOでは
詳細な報告がおこなわれています。

―――――――――――――――――
NPO法人ピースウィンズ・ジャパン
イラク、アフガニスタン、モンゴル、東ティモールなどで
紛争、災害、貧困などの脅威にさらされている人々への
支援活動をおこなっている団体。
活動は、市民や企業からの会費や寄付
政府、国際機関、各種財団などからの助成金
またフェアトレード事業など収益事業からの純益によって支えられている。
サイト上の会計報告/年次報告では
2003年にまでさかのぼって情報が公開されている。

ユニセフ(国際連合児童基金)
1946年に、戦災国の児童の救済・福祉・健康改善を目的に設立された。
食品・衣服・薬品を児童・妊産婦に供給している。
収支報告をふくむ活動報告が、「ライブラリ」として
配布用の印刷資料とPDFファイルの形で提供されている。

NPO法人国境なき医師団
世界60ヵ国で医療援助活動をおこなっている団体。
やはり、会計監査報告つきの活動報告書をサイトで公開している。

NPO法人シャプラニール=市民による海外協力の会
募金や寄付にくわえ
フェアトレード商品の購入による国際協力をよびかけている団体。
2000年度までさかのぼって会計報告付きの活動報告書を公開している。
―――――――――――――――――

一般消費者の不信感を払拭し、納得のうえで継続的に寄付をしてもらうためにも
こうした情報公開は必要不可欠なのではないでしょうか。

次回は、ピンクリボン・チャリティの適正化に向けて行動しようと呼びかけている
アメリカの団体をご紹介します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

人気ブログランキング参加中。
1日1クリック、どうぞよろしくお願いします。

――――――――――――――
 > ポチッとするのはここよ <
  ――――――――――――――


初めてこのブログにいらした方へ。
「NPOブログ記事の読み比べ評価!」という一覧に当ブログが紹介されています。
上のほうの表示順位をキープできるとうれしいので
まだポチッていない方はご協力ください。
読者の投票でGood!と評価されると上位に表示される仕組みです。
◆こちら◆の一覧から投票ねがいます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://pink-accountability.asablo.jp/blog/2008/07/11/3619588/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。