いよいよ署名活動スタート!2008/06/07 15:30

本日、いよいよ署名活動がスタートしました。
『グラマラス』の乳がん撲滅チャリティ・ヌードに抗議する署名です。

ホームページも本格稼働です。署名の趣旨など、くわしくはホームページをご覧ください。署名用紙も用意してあります。
アドレスはこちらです。↓
http://www.ne.jp/asahi/call-for-pink-charity-accountability/2008/

ロゴマークは、「筋のとおったピンクリボン」でございます(笑)。

わたしはもともとピンクリボン運動にはあまり興味がない患者でした。自分の治療のこと、生活のことで手一杯だったのもあります。
人とかかわりたくなかったわけではありません。むしろ、病気がわかってから大勢のいわゆる「がん友」さんができて、お互い情報をやりとりして支え合ってきました。でも、なぜかピンクリボン運動にかかわろうという気にはなれずにいました。

ところが、3月5日に『グラマラス』の乳がん撲滅チャリティのことを知って、状況が一変。大手出版社があのような企画をたてたとは衝撃でした。そして「ピンクリボン運動って、いったいどうなってるの? なぜこんな企画がとおってしまうの? お金はどうなるの?」と調べはじめたのです。

患者の怒りと動揺はとても激しいものでした。激震でした。また、思いも寄らぬ「余震」もありました。それについては、また日をあらためて書きましょう。

とにかく。
そうこうするうちに2ヶ月がたち、5月7日、『グラマラス』6月号の発売日に、チャリティの結果報告がありました。あつまった寄付金の総額8,664,927円を、(財)日本対がん協会ほほえみ基金とNPO法人乳房健康研究会におくったということです。

あんな企画でこのような大金が……。なんとも複雑な気持ちになり、わたしは翌日の8日、日本対がん協会ほほえみ基金と、乳房健康研究会に電話をいれ、非常に複雑な気持ちでいること、せめてお金の使い道の詳細をあきらかにしてほしいことなどを伝えました。でも、わたし1人の電話で何がかわるわけでもないだろう。そこで、署名活動をはじめようと思ったのです。

開始は、次の『グラマラス』の発売日、6月7日にしよう。

以来、親しい友だちや、がん友さんたち、各方面にくわしい知人・友人の力をかりつつ、準備をすすめました。今日の日をむかえられたのは、忙しいなか準備のために力をかしてくれたみんな、ともに怒りを分かち合ってきた仲間たちのおかげです。本当にありがとう。

でも署名活動はスタートしたばかり。大事なのはここからです。
みなさん、これからもどうぞよろしく!

+++++++

さっそくながら、人気ブログランキングに参加しました。
うまく画像リンクが設定できず、非常に原始的なリンクの貼り方ですが、
1日1クリック、よろしくお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?650834

コメント

_ みゆりん ― 2008/06/08 13:10

まみっちさん、すばらしいサイト、ありがとうございます。

私も署名を集めるよう、呼びかけます。

_ aki ― 2008/06/09 00:29

やった! 28位じゃないですか~。
まみっちさん、ありがとうございます。
じっくり展開していきましょう。

_ てらだ ― 2008/06/09 09:36

みゆりんさん、akiさん
コメントありがとうございます。
引き続きどうぞよろしくお願いいたしまする <(_ _)>

_ オジ ― 2008/06/09 19:21

いよいよですね。
早速、今日、仲間に声をかけました。

_ てらだ ― 2008/06/09 21:52

オジさん、おおっ、心強いです。
引き続きどうぞよろしゅうに<(_ _)>

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://pink-accountability.asablo.jp/blog/2008/06/07/3566349/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 出もの腫れもの処嫌わず - 2008/06/09 11:41


 講談社のファッション雑誌「グラマラス」に蜷川実花撮影の「乳ガン撲滅チャリティー・ヌード」とやらがメディアをあげての前ヒョーバンもニギニギしく掲載され、多くの乳ガン患者のヒンシュクを買ってはや3ヶ月。マンモによる乳ガンの早期検診を呼びかけるピンクリボン運動の一角を担ってきた朝日新聞の「ピンクリボンフェスティバル・オフィシャルブログ」が、うっかり「グラマラス」の企画を肯定するよーな記事を載せたばっかりに、患者の怒りが集中して2ヶ月にわたって炎上したあげく閉鎖されてしまうつー騒ぎになったのは、「出もの腫れもの」のケンメーな読者はご存知の通りでしょうな。

 んでもってこの炎上で、ピンクリボンつーのはすでに乳ガンになった患者のことはなーんにも考えていないで、協賛企業のほーばっかり向いているキャンペーンだってことが広ーくバレちゃったのは、ずっと前からピンクリボンに意義アリを唱えてきた最凶的にはメデタシメデタシ。
 しっかーし、オフィシャルブログが閉鎖されちゃったおかげで、患者の怒りのぶつけどころがなくなっちゃった。この騒ぎがきっかけで理人さんとこで「ピンクチェーン・ブログでつながる乳ガン患者と家族の会」を結成するという呼びかけがあったけど、患者一人一人がどーゆーふーに参加するかという話までにはなっていないよーだし。このまま時間がたって関心も拡散か?てな心配もチラホラしてきた今日この頃でありました。

 ところがぎっちょん、つい最近、「チャリティーヌードに抗議する署名運動を始めたいので呼びかけ人になってくれ」つーオファーが来たじゃあーりませんか。最凶的には過去に関わった運動のケーケンから申し上げますと、署名運動なんてハッキシ言ってネムい。しかも今回の提出先であるグラマラス・日本対がん協会・乳房健康研究会なんて、今までの患者の抗議に対する態度を見てりゃーなんのリアクションも無いのは見え見え。ほとんどトローじゃね?と思ったワケー。
 だけどネットを使った署名活動なんだから、べっつにこっちの懐が痛むわけでもないし、炎天下の駅前で「お願いしまーす」をやらなくてもいいし、何よりも秋のピンクリボン月間に向けて多くの患者の関心をリレーしていくにはいい方法かもと考え直したんだな。

 で、もいっこイジワルで考えたのは、既成の乳ガン患者会のこの運動への関わり方で、その会の意識やフツーの患者感覚との距離がわかっちゃうってーこと。中には企業に対するスタンスすら見えちゃう場合もあるだろーしね。これっておもしれーじゃん。うぷぷぷぷぷぷ。
 やっぱ運動やるってのは、隠されていた問題があぶり出されてくるのがキモでありまして、単に「かわいそーな乳ガン患者の心が傷ついたからフォローしろ!」なんてキレイごとを求めてるんじゃーつまんねーし。
 ま、そーゆー不純な動機は置いとくとして、乳ガン界のハブられもんである最凶が参加することが、運動にとってプラスになるのかマイナスになるのかはわかりませんが、この運動の呼びかけ人に名を連ねるコトになりましたんで、ご協力のほどヨロシクー。

カンジンなことはこちらのサイト
「筋の通ったピンクリボン・チャリティーを!」
署名用紙もダウンロードできます

現在の活動状況はこちらのブログで
「『グラマラス』の乳ガン撲滅チャリティ・ヌードに抗議する会」
コメント・トラックバック・ブログランキングのクリックもヨロシク

ランキング上位をキープしてるので署名運動もアピール効果があります!引き続き毎日のクリックでご支援を→人気blogランキングへ

_ NPOブログ記事の読み比べ評価!(投稿募集中)by Good↑or Bad↓ - 2008/06/27 07:39

「医療/保健」に関する社会貢献活動で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。